1131│鎧淵

Top > Old Tale > 1131│鎧淵

ソース場所:甲州市塩山藤木2438 放光寺 鎧淵は放光寺北側

●ソース元 :・ 土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会   
●画像撮影  : 2013年11月11日
●データ公開 : 2016年06月24日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

[概要]

鎧淵

中牧村小田野山の城主安田遠江守は、当時の鎌倉幕府執権北条氏から討手を差し向けられ、城を捨てて松里村放光寺へ逃れた。笛吹川の深淵に甲冑を沈め、身軽になって断崖をよじ登り、寺内に入って最期を遂げた。それからこの淵は鎧淵と呼ばれている。 (松のしらべ方言伝説号)

土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「甲斐傳説集」では「、、安田遠江守は、当時の鎌倉幕府執権北条氏から討手を差し向けられ、、、」とあるが、同様な話が放光寺では「武田家滅亡後、甲斐に進出してきた徳川に抵抗した大村党の大村伊賀守のはなし」として伝わる。
何年か前に、戦国時代のものとされる大きな甕が出土し、その中に人骨と短刀が埋葬されていて、上記の人物のものではないかと推測されている。

このデザインソースに関連する場所


甲州市塩山藤木2438 放光寺
ページトップ