1139│秀森山

Top > Old Tale > 1139│秀森山

ソース場所:甲州市塩山上井尻542 秀森山清水寺 高さ15m程の岩盤状の小高い山の上に寺がある。

●ソース元 :・ 土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会   
●画像撮影  : 2016年02月02日
●データ公開 : 2016年11月18日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

[概要]

秀森山(秀森山清水寺 高さ15m程の岩盤状の小高い山の上に寺がある。)
大昔 太良発意(ダイラホツチ)という神が、塩の山と石森山とを麻がらにかけて荷って来る途中、麻がらが折れて二つの山をここに捨てておいた。其の神の足跡というのが石森山の巽四百歩の所にあるが、広さは筵八ひろも敷けるほどで、石森付近ではそれ以来麻を忌んで作らず、また塩の山はかたい所に落ちたので、一角が缺けて飛んだのが秀森山だとも伝えている。 (石森山賦)

土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会

このデザインソースに関連する場所


甲州市塩山上井尻542 清水寺
ページトップ