1140│せのうみ

Top > Old Tale > 1140│せのうみ

ソース場所:山梨県富士河口湖町精進

●ソース元 :・ 土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会     
       ・ 富士北麓ガイド 渡辺氏 の話より           
●画像撮影  : 2015年11月04日
●データ公開 : 2016年11月18日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

 

[概要]

せのうみ  西八代郡上九一色村・南都留郡西湖村

昔は西湖も精進湖も共に セノウミ と呼ばれていた。もとは一つの湖だったが、富士山噴火の際溶岩が流れ込んで、間にしきりが出来たために二つの湖水に分かれたもので、西湖・精進・本栖の三湖は何れも地下水で連絡しているという。また精進湖は、むかし役の行者小角(えんのぎょうじゃおづね)が富士山登山をした道筋に当り、小角以後の富士行者は皆この湖水で沐浴し、精進潔斎して登ったから、この地名があると伝えている。  (甲斐国誌)

土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「せのうみ」は、かつて富士山北麓に広大な面積を占めていた湖だったが、平安時代の貞観大噴火(富士樹海周辺に大小の噴火口有り。二年間ほどあちこちで噴火していたようである。中でも大室山、長尾山の噴火による溶岩の流出量は大きかったという)により大部分が埋まってしまったという。
大室山は富士山の寄生火山で、平安時代の貞観噴火の噴火口の一つ。この噴火によりせのうみが埋まり、本栖湖が分かれた。その後、長尾山(同じく寄生火山)の噴火により、西湖、精進湖が分断された。
富士北麓ガイド 渡辺氏から聞く

このデザインソースに関連する場所


富士河口湖町 精進湖
ページトップ