1147│お玉ヶ池

Top > Old Tale > 1147│お玉ヶ池

ソース場所:上野原市野田尻849 西光寺東門口「お玉ヶ井」跡  話中の[長峰の池]は中央道工事により消滅

●ソース元 :・ 土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会        
       ・ 「まんが日本昔ばなし~データベース~」     http://nihon.syoukoukai.com/   
●画像撮影  : 201年月日
●データ公開 : 2016年11月18日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

 

[概要]

お玉ヶ池
 白山社の北麓、西光寺の東門口に深さ一丈余の池があり、これをお玉ヶ池と呼んだ。昔ゑびす屋の下女お玉なる者、毎朝未明にこの池へ来て、下半身を水に浸して主家へ帰った。主婦が叱るとお玉は主家を辞して、途中桶を地に伏せて立ち去ったが、そこから清水が湧出した。尚お玉は、大鶴村長峰の池の主で龍神だと伝えている。 (北都留郡誌)

土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会・発行
**************************************
乙女湯
昔々、一人の美しい娘が峠道を歩いていた。この娘、もう何日もろくに食べておらず、まさに倒れようという時、一羽の水鳥が飛び立つのを見た。娘は水鳥に誘われるかのように池のほとりに降りて行った。そして澄んだ池の水を飲み、ようやく生気を取り戻す。ところがこの時、一匹の美しい蛇が、池の中からじっと娘の様子を見ていたのだ。娘は蛇の姿を見ると、恐ろしさのあまり、その場で気を失ってしまった。
しかしその時、折り良く薪拾いの爺さまが通りかかった。気を失った娘を見た爺さまは、娘を背負い自分の家に連れ帰ると、婆さまと二人で娘を介抱した。数日もすると、二人の介抱のおかげで、娘はすっかり元気を取り戻した。娘は乙女と名乗り、両親に先立たれ、遠い知人を訪ねて行く途中だったのだと言う。
娘は、恩返しのためにこの家にとどまり、機を織ったり爺さまと婆さまの世話をしたりと、二人によく尽くした。子供のない爺さまと婆さまは、働き者の乙女を気に入り、ゆくゆくは婿を取らせて家を継いでもらおうと考えた。
ところが、しばらくすると乙女は、夜中に布団から抜け出し外に出て行くようになる。乙女は毎晩家を抜け出し、決まって夜明け前に帰って来るのだった。そして日が経つにつれて、乙女は元気を失っていき、さらには妖気(ようき)まで漂わせるようになってしまった。
この様子を見た爺さまと婆さまは大層心配して、何とかして乙女の外出を止めさせようとした。そこで爺さまは、とうてい一晩では織れない程の糸を乙女に渡すと、これを朝までに織り上げるように頼んだ。爺さまと婆さまは、乙女が外出する暇を無くすしかないと考えたのだ。
夜になり二人が乙女の様子をそっと見ていると、なんとした事か、乙女は人間技とは思えぬ速さで糸を織り上げて行き、あれ程あった糸はあっという間に無くなってしまう。そして乙女は仕事を終えると、いつものように家を出て行く。爺さまがこっそり乙女の後をつけると、乙女は最初に倒れていた長峰の池(ながみねのいけ)のふちへと降りて行くではないか。
そして池からは、この池の主である大蛇が現れた。乙女は、長峰の池の主に魅入られており、夜毎この池に通っていたのだ。いたたまれなくなった爺さまは、逃げるようにして家に帰った。これに気づいた乙女は、爺さまを追いかけて家に戻ると、二人に別れを告げた。乙女はお世話になったお礼に、一生絶えない湧き水を残すと言うと、また長峰の池の主のもとに去って行った。
朝になると、家の裏の土手には、乙女が言ったとおり澄んだ湧き水が湧いていた。そして不思議なことに、この水に手をつけると、爺さまと婆さまのカサカサの手はすべすべになった。二人は、この水は病気にも効くのではないかと思い、この水を使って病気の人のために湯を沸かしてあげた。
後にこの湧き水は乙女湯と名づけられ、乙女がやって来た峠は、乙女峠と呼ばれるようになったそうな。

「まんが日本昔ばなし~データベース~」http://nihon.syoukoukai.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

話中の「長峰の池」は中央道工事により消滅。「お玉ヶ池」も今は水も涸れ「お玉ヶ井」の石碑が残るのみとなってしまっている。

このデザインソースに関連する場所


35.633728,139.060998
ページトップ