1155│阿弥陀面

Top > Old Tale > 1155│阿弥陀面

ソース場所:韮崎市清哲町折居903 雨宮寺

●ソース元 :・ 土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会      
●画像撮影  : 2014年09月14日
●データ公開 : 2017年01月05日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

[概要]

阿弥陀面     北巨摩郡清哲村折居

雨宮寺境内に阿弥陀堂があり、本尊は六尺ばかりの木造の阿弥陀如来で、春日作と伝えている。数百年前或る旅僧が、この像をどこからか盗み出し、村上まで背負ってきて、日が暮れてここに休んだが、急に像が重くなって運ぶことが出来ず、旅僧は如来を捨てて逃げ去った。村人は雨宮寺の境内に御堂を建ててこれを安置し、如来を捨ててあった土地を開墾して阿弥陀面と称し、ここから収穫した稲は如来の供養の資としている。阿弥陀面は今も寺領となって残っている。     (口碑伝説集)

土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会

このデザインソースに関連する場所


韮崎市清哲町折居903 雨宮寺
ページトップ