1169│犬石

Top > Old Tale > 1169│犬石

ソース場所:南巨摩郡身延町古関2437 身延町役場古関出張所[旧古関中 校庭]

●ソース元: ・「身延の民話」より   

http://www3.town.minobu.lg.jp/lib/shiryou/minwa/arasuji/arasuji_a.html#i06

●画像撮影: 201年月日
●データ公開:2017年01月05日
●提供データ:テキストデータ、jpeg
●データ利用:なし
●その他:利用に際しては許諾が必要になります。

 

[概要]

犬石  いぬいし
古関の地頭が犬をつれて本栖湖へ狩りの途中、仮睡すると犬がしきりに吠え噛みつくので首を切り落とすと、傍らのやぶの中に飛びこんだ。やぶの中には大蛇が口を開け構えていたから、太刀で退治した。忠犬の遺体を持ち帰った後、丁重に葬った墓碑を犬石と言い伝えている。(下部町誌)

【地区・地名】古関(古関) 【ジャンル】動物

「身延の民話」より

http://www3.town.minobu.lg.jp/lib/shiryou/minwa/arasuji/arasuji_a.html#i06

このデザインソースに関連する場所


南巨摩郡身延町古関2437
ページトップ