1171│貉の婆

Top > Old Tale > 1171│貉の婆

ソース場所:韮崎市清哲町青木

●ソース元 :・ 土橋里木(1975年)全國昔話資料集成16甲州昔話集 岩崎美術社    
       ・ 土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会    
●画像撮影  : 201年月日
●データ公開 : 2017年01月05日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

 

[概要]

六〇 貉の婆
一人の狩人が山奥で日が暮れて困っていると、向こうの方に火が一つ見える。その火を頼りに行って見ると、岩山の上に白髪のお婆が一人坐って、傍に百匁蝋燭を明るくつけ、ブンブンと糸車を廻して糸を取っている。こんな所に人間のお婆が糸をとっているべきはずはないから、これは化け物に違いないと思って、狩人は急いで鉄砲でそのお婆をぶった。するとお婆は、
今夜も一つテンコロリン
と言いながらヒョイと手を出して、弾丸を掴んでしまった。いくらぶっでも、お婆に命中するにはするが、そのたびにお婆は「今夜も一つテンコロリン」と言いながら、弾丸を手で掴んでしまう。狩人は持ってるだけの弾丸をみんな取られてしまい、怖かなくなって家に逃げて帰った。
そしてまた弾丸をたくさん作り、今度は切子玉をも拵え、それに神様の名を切りつけて、また山へ登って行った。こないだの岩山の所へ行くと、今夜も白髪のお婆が、百匁蝋燭をつけて糸車を廻している。狩人が狙って撃つと、やはり「今夜も一つテンコロリン」と言いながら、お婆は弾丸を手で掴んで取る。そうしてだんだん弾丸を取られてしまって、終いには切子玉が二つ残るばかりとなった。
そこで狩人も考えて、いくら弾丸があたってもお婆は何ともない所を見ると、あれは正体じゃアない。化け物の正体はかえってあの蝋燭かも知らぬ。あの蝋燭がどうも怪しいと思って、二つ残った切子玉を一度に鉄砲にこめて、今度はお婆の傍の百匁蝋燭を狙って一発ぷっ放いた。するとたちまち火が消え、エライ山鳴りがして化け物は下へ落ちた。夜が明けるのを待って狩人が行って見ると、そこには一匹の大い古貉が死んでいた。       (昭和十四年四月九日 河野市松氏「五十七歳])
土橋里木(1975年)全國昔話資料集成16甲州昔話集 岩崎美術社
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
糸取貉     北巨摩郡清哲村
昔、鳳凰山中南小室の小屋で、夜になると一人の老婆が来て、何か口唄を唄いながら糸車を廻していた。或る夕方猟師が覗いて見ると、老婆が顔中の皺を一度に動かして、ニタリと笑う様は実に物凄い。猟師は老婆を鉄砲で打ったが、行燈が消えただけで手応えがなく、次の夜も相変わらずブンブン糸車を廻している。今度は老婆の傍らの行燈を狙って打つと、行燈が消えると同時に、キャッと云って怪物が外へ飛び出した。それは貉で、その後は糸取婆も出なかったという。     (口碑伝説集)
土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このデザインソースに関連する場所


韮崎市 鳳凰山
ページトップ