1179│田植仕事を手伝ってくれたお地蔵さん

Top > Old Tale > 1179│田植仕事を手伝ってくれたお地蔵さん

ソース場所:山梨市牧丘町倉科上野田 岩舟地蔵

●ソース元 :・ 山梨県連合婦人会 編集・発行(平成元年)「ふるさとやまなしの民話」 
●画像撮影  : 201年月日
●データ公開 : 2017年01月05日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

 

[概要]

田植え仕事を手伝ってくれた お地蔵さん

それは、それは、真夏をおもわせるような暑い六月のことです。
牧丘町の上野田集落は、昔は倉科村の下組の中にありました。六月ごろの農作業は春の養蚕の上蔟(じょうそく)、麦の取り入れ、そして田植と一年中で一番忙しい日が続きます。農家ではこの時期を「農」といいます。田植をするのには、まず最初に畦ををぬり、たんぽ一面に水をはり、すっきんどう(牛馬で水田を耕すこと)をして苗を植付けます。
六月も末近い日のことです。農夫がすっきんどうをするために鼻取り(馬の口取り)をする人をさがしていましたが、忙しいときなのでなかなかみつからず、困っていました。
そのとき、どこからともなく一人の子どもが現れて、「おっちゃん、おれがはなどりをしてやるよJ といって馬の手綱をとり「そうれ、まわれ、すっきんどう」と声をかけながら、泥だらけになって働いてくれました。
やがて仕事が終り農夫は大変よろこんで、「おかげで大仕事ができやした。」 と子どもに礼をのべ、家族と一しょに夕食をするようにすすめましたが、子どもは「おっちゃ
ん、おれのことはいいよJ といって名前も告げずにどこかへ行ってしまいました。農夫は不思議な子どもだと思いながら付近をさがしましたが、ついにその姿はみつかりません。仕方がなく道端の岩舟地蔵さんに尋ねてみようと思い、そこへ行ってみますと、なんとこのお地蔵さんは腰まで泥だらけになって立っていて、そのそばには泥水の足跡さえついていました。農夫はこれを見て、人手のないのを知ってお地蔵さんが子どもの姿になり、田植仕事を手伝ってくれたことを知りました。農夫はお地蔵さんに手を合せて何度もお礼をいいました。
それ以来このお地蔵さんは、農業の守り地蔵さんとして村人たちに親しまれ、夏になると麦わら帽子をかぶせてもらったり、車の往来の激しい今では、へルメットをかぶせてもらっていつもにこにこ顔で立っています。(牧丘町)

山梨県連合婦人会 編集・発行(平成元年)「ふるさとやまなしの民話」

このデザインソースに関連する場所


35.750404,138.703493
ページトップ