1182│長右衛門とムジナ

Top > Old Tale > 1182│長右衛門とムジナ

ソース場所:笛吹市芦川町鶯宿に伝わるお話

●ソース元 :・ 山梨県連合婦人会 編集・発行(平成元年)「ふるさとやまなしの民話」 
●画像撮影  : 201年月日
●データ公開 : 2017年01月05日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

 

[概要]

長右衛門とムジナ

むかし鶯宿村に長右衛門という馬方のじいさまが居て、毎日馬をひいて鴬宿峠をこえ、里へ炭や薪を運んで暮らしをたてていました。
この峠には昔から古いムジナが住んでいて人を化かし、村びとを困らせていました。ある日、長右衛門はいつものように里へ行って油あげを積んで帰りの山道に、一間ばかり先に見なれない小坊主がふいに現われ、「おらあ鴬宿のお寺へ行くどうけんど、くたびれたから馬に乗せてくりょう。」 と言いました。長右衛門は「さては、こいつはムジナだな。」と思いましたが、何くわぬふりをして「ああ乗せてやらあJ と、小坊主を馬の背中に乗せて峠につくと、何を思ったのか「この馬は下りに向けばやたらに走って危ねえ。大事なお客を落しちゃあいけねえ。」と言いながら、いやがる小坊主の体を馬のくらへ固くしばりつけ、たづなをとってどんどん下って行きました。馬の上の小坊主は「はい、ええ(もう、いい)からおろしてくりょう(くれ)。」ともがいたりあばれたりしましたが、長右衛門は知らぬふりをして馬の尻をたたき、家に着くと急いで馬を土間の中へ追いこみ中からかぎをかけ、「おばあ、お客をつれて来たから、があとう火をおこせ。」 と大声で言いました。
長右衛門は女房と二人であばれる小坊主の足を持ち尻をジリジリとあぶりました。「アチイ、アチチイ。」 と小坊主は苦しがって、火の上でパタパタとあばれていましたが、たちまち正体を現わし、「実はおらあこの峠のムジナどう。ハイ(もう)悪さあ(わるいことは)しんからぜひかんにんしてくりょう。(ください)」とあやまりました。長右衛門は「そんなうまいこと言っとうってもだまされんぞ。」 と、また火の上で尻をやきました。ムジナは「おらあうそはやあん、(言わない)、ごみしんだ(おねがいだ)」 と泣き声でたのみましたので長右衛門は「ハイ(もう)悪さあしるじゃあねえぞ。」 と固く約束して外に出してやりました。
その夜から何者かが村中に聞える大声で「長右衛門のケツあぶり!」と、くり思しどなるのが評判になり、ついに長右衛門のあだ名になってしまいました。(芦川村)

山梨県連合婦人会 編集・発行(平成元年)「ふるさとやまなしの民話」

このデザインソースに関連する場所


笛吹市芦川町鶯宿
ページトップ