1205│湯の神

Top > Old Tale > 1205│湯の神

ソース場所:北杜市須玉町小尾 増富温泉

●ソース元 :・ 土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会    
●画像撮影  : 2013年11月05日
●データ公開 : 2017年03月09日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

[概要]

湯の神
増富温泉は昔は只一ヶ所から湧出し、その湯の傍に小祠を建てて湯の神を祀り、この湯を神の湯と崇め、村人は不浄を戒めていた。或る時若い猟師らが猪を捕って来てこの湯の近くで皮を剥ぎ、その血は飛んで湯に入った。
彼らは不敬にも血に汚れたサスガ(小刀)を神の湯で洗い、また自分の手足をも洗った。すると神が怒ったのか一天俄かに曇り、東天から黒雲が近づいて神の湯の上に来ると、白髯膝に達する仙人が現れ、神の湯に手を入れてこれを掬い、西北に向かって飛び去った。それ以来神の湯の湧出量が減じ、温度も低下した。この時千人の両手の隙間から湯が滴り落ちた場所に、新たに温泉が涌くようになり、現在村内の湧出地は五十余ヶ所に上がっている。 (口碑伝説集)

土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会

このデザインソースに関連する場所


北杜市須玉町小尾 増富温泉
ページトップ