1208│御姫淵

Top > Old Tale > 1208│御姫淵

ソース場所:甲州市大和町田野 景徳院近くの姫ヶ淵

●ソース元 :・ 土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会    
       ・ 現地説明碑   
●画像撮影  : 2017年03月11日
●データ公開 : 2017年03月16日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

[概要]

御姫淵
勝頼主従敗走して、田野村に行こうとしてここ迄来た時、後方より織田勢が急追し、又東方天目山方向からは土豪の率いる一隊が迫り、ときの声が物凄く聞こえたから侍姫数人は恐ろしさに堪えず、この淵に投身して死んだのでこの名がある。 (東山梨郡誌)

土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
姫ヶ淵の由来
天正十年(一五八二年)三月十一日武田勝頼公一族は、織田、徳川の連合軍の攻撃を受け激戦の末 家臣と共に悲惨な最期をとげ、新羅三郎義光公以来 甲斐の守護として連綿と続いた武田源氏はその歴史を閉じた。
その折 勝頼公夫人北条氏の侍女十六人は 若い生命を日川の淵に身を投じて殉死したと伝承され、後世の者はこの淵を 姫ヶ淵 と言い伝えているが、現在の日川は上流で発電用水として取水しているために水量が少なくその様相を変えている。
この石碑は 北条夫人を含めた十七名を表現したもので、侍女らを顕彰し慰霊するものであり、山梨の歴史文化公園に指定されたを期に建立したものである。
昭和六十二年三月   大和村

現地説明碑より

このデザインソースに関連する場所


35.640982, 138.801413
ページトップ