1241│ピピンピヨドリ(南巨摩郡早川町奈良田に伝わるお話)

Top > Old Tale > 1241│ピピンピヨドリ(南巨摩郡早川町奈良田に伝わるお話)

ソース場所:早川町奈良田

●ソース元 :・ 土橋里木(1975年)全國昔話資料集成16甲州昔話集 岩崎美術社
●画像撮影  : 201年月日
●データ公開 : 2017年10月19日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

 

[概要]

ピピンピヨドリ
昔々、ある所になァよー、お爺さんとお婆さんが、山小屋に住んでーとーだげのーに。(まァ)ある雪が降って寒い朝げ、お爺さんが川戸ィ顔オ洗いに行ったいぱ、そこの切株にヒヨドリが一羽止まって、震えてーとーだげのーに。(まァ)お爺さんは可哀気に思って、ヒヨドリオつかまいて、ハーッと息オ吐きかけて、暖[ぬく]めてやっとーだげのーに。(まァ)そうしたいぱ震えてーとーヒヨドリが元気になって、お爺さんが大[いか]い口をあけとオ拍子に、口の中イ飛びこんで、腹ン中まではいってひっちまっとーだげのーに。(まァどうなるづら)
そうしていんめぇ(少し)たったいば、お爺さんの臍いシッポがつん出いとーどーで、それオ引っぱったいば、「ピピンピヨドリ、ゴヨノオタカラ、ピッサーヨー」ちて(と言って)鳴くだげのーに。いく度引っぱって見とーッて、同じによい声で鳴くどーで、お爺さんは村イ帰って、「俺が臍ァヒヨドリのぐに(ように)良い声で鳴けーるだい」ちて法螺ァ吹いて歩っとーだげのーに。(まァ)それオ聞いとオ村の衆が、「さア鳴かせてみんな」ちえーば(と言えば)、蔭でそっとシッポォ引っばっちゃア鳴かせて、村の衆をおべーらかいとー(びっくりさせた)だげのーに(まァ、それでも)。
そうこうしてエるうちに、その評判が殿様の耳イはいって、お爺さんは殿様の前さ呼び出されて、「早く鳴かせて見ろ」ちてやァれとーどーで(言われたので)、いつものように臍のシッポォ引っぱったいば、前よりゃア良い声で「ピピシピヨドリ、ゴヨノオタカラ、ピッサーヨー」ちて鳴いとーだげのーに。(まァ)殿様ァえらく褒めて、褒美に宝物オがいに(たくさん)くれとーどーで、お爺さんは大金持になっとーだげのーに。これでヒッチマイ。   (南巨摩郡早川町奈良田  深沢正志様〔三十五歳〕)

途中の(まァ)、(まァ、それでも)等は、聞き手が発する相の手(相槌)である。

全國昔話資料集成16 「甲州昔話集」 編・土橋里木 岩崎美術社 より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このデザインソースに関連する場所


早川町奈良田
ページトップ