1251│水の神の文使(市川三郷町)

Top > Old Tale > 1251│水の神の文使(市川三郷町)

ソース場所:西八代郡市川三郷町上野

●ソース元 :・ 土橋里木(1975年)全國昔話資料集成16甲州昔話集 岩崎美術社
●画像撮影  : 201年月日
●データ公開 : 2017年10月27日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

 

[概要]

水の神の文使
昔、鶯宿村に屏大尽というお大尽があった。この屏大尽の先祖がイヲオケ(岩桶)のお観音へお参りに行った。するとイヲオケの淵から一人の爺様が出て来て、「お前に用がある」と言った。「何どオ」と言うと「外じゃアないが、俺ン娘が、上曽根の向こうのけさん淵にいるから、この書面を持ってって渡いてもらいたい。淵の傍へ行って、おけさおけさと呼ぱァれば娘ン出て来るから、ぜひ頼む」と言って爺様は一通の書面を渡した。屏大尽の先祖は断わることもできなんで、書面を預かって来るには来たが、途中で何となく淋しくなったから、その書面を拡げて見ると、「この男を取って喰エ」と書いてある。驚いて中味を書き換えて、「この男に銭をたくさんくれろ」と書き直した。そのうちにけさん淵へ着いて、おけさおけさと呼ばァると、淵の中から美え娘が一人出て
来た。「イヲオケからこの書面を頼まれて来とオ」と言って書面を娘に渡すと、娘は見ている前ですぐ封を切った。それを読んで娘は変な顔をしたが、「ちょっくら待してくりょオ」と言って淵の中へはいった。屏大尽の先祖は、どうなることかと思って怖かなくていると、娘はまた出て来て、小判と甲金(甲州金〉をウンと持って来た。「書面にあるとおり、お前にこれをやる」と言うから、その金をヂンキチ(藤蔓で作った袋)へ入れ、急いで逃げて帰った。屏大尽はそれが元で、大金持になったのだということである。
(昭和十四年一月二十九日 河野市松氏〔五十七歳])

岩桶 ・・・・ 市川三郷町上野を流れる芦川の下流に、岩で囲まれた岩桶と言う深い淵がある。その淵にまつわる伝説である。

土橋里木(1975年)全國昔話資料集成16甲州昔話集 岩崎美術社

このデザインソースに関連する場所


西八代郡市川三郷町上野
ページトップ