1255│天道さん金の綱

Top > Old Tale > 1255│天道さん金の綱

ソース場所:甲府市右左口町

●ソース元 :・ 土橋里木(1975年)全國昔話資料集成16甲州昔話集 岩崎美術社
●画像撮影  : 201年月日
●データ公開 : 2017年10月30日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

 

[概要]

天道さん金の綱
ある山奥の一軒家で、父親は早く死に、母親と松子、竹子、梅子の三人の子供が住んでいた。ある日、母親がどうしても里へ行かねばならぬ用事ができて、三人の子供に「山奥には古くから山姥が楼んでいるから、もし俺ン留守中に、お母だと言って来ても、決して戸を聞けるじゃアないぞ」とよく言い聞かせて、里へ下って行った。
間もなく山姥がやって来て「お母が来たから戸を聞けろ」と言った。一番下の梅子が行って、戸を少し聞けて「手を出いて見しょオ」と言うと、山姥が戸の隙聞から手を出して見せた。その手には強い毛がいっぱい生え、爪は長くて鋭かった。梅子が戸の隙聞からのぞいて見ると、頭の毛はボーボー伸び、目は金色に光り、口は耳までも裂けている怖かない山姥が立っていた。驚いて戸をしめて「家のお母の手はそんな手じゃアないよ」と言った。それから山姥は裏の畑へ行って、芋の蔓を切ってその汁で手をふくと手が滑ッこくなった。またやって来て「お母が来たから戸を聞けろ」と言った。そこでまた梅子が戸の隙聞から手を出させて見ると、手だけはきれいになったが、その声は割れ鐘のような声をしていた。「家のお母の声はそんな声じゃアないよ」と言うと、山姥は裏の畑へ行き、苧の葉に、溜っていた露を飲むと、いい声になったのでまたやって来た。
「お母が来たから戸を聞けろ」と言うからまた梅子が出て、手を出させて見たり、声を聞いて見たりして、手もきれい、声もいい声だから、今度はてッきりお母だと思って戸を開けてやった。山姥は物凄い勢ではいって来ると、いきなり梅子を両手でっかまえて口の中へ入れた。慾の深い山姥は、残りの二人の子供をも早く食いたくて、噛んでいる暇もく、梅子をまる呑みに呑んでしまった。
松子、竹子の二人の姉はその暇に裏から逃げ出し、物置から鎌を持って来て、裏のけやきの木へチョンキ、チョシキとすげながら、それへ足をかけて登って行った。山姥は大きな声で、「畜生ッ、どこへ行きゃアがった」とどなりながら二人の後を追って来た。けやきの木の所まで来て、ふと木の下の井戸をのぞいて見ると、井戸の中に二人の子供がはいっている。「どうしてそんな所イへいりやアがった。出て来ないば石オ投げこむぞ」とどなるので、木の上の二人はおじけて「井戸ン中じゃアない。こっちだよ」と言った。山姥が上を見ると、木の上に二人の子供が震えていて、井戸の中のは水に映った影であった。
「どうしてそんな所イ登りやアがった」と言うと、二人は「物置の中から油を持って来て足へ塗っとオだ」と答えた。山姥は物置から油をたくさん持って来て、みんな足へ塗って木へ登ろうとしたが、足がつるつる滑ってどうしても登れぬ。山姥は怒って「どうして登りやアがった。本当のことを言わないば取って喰うぞ」とおどかした。二人の子供は怖かなくなって、正直に「物置ン中から鎌ァ持って来て、チョンキ、チョシキとぶつこみながら登った」と答えた。山姥はすぐに鎌を持って来て、そのとおりにして木へ登って来た。子供らはだんだん木の上の方へ逃げて行ったが、もう枝が細くなってそれから上へは行くことができぬ。
そのうちにも山姥は下からどんどん迫って来るので、二人は因り切って「天の神さん、どうか鎖を下しておくんない」と言って拝んだ。すると空から太い鉄の鎖がジャランといって落ちて来た。二人は喜んでそれへつかまって地へ下りて逃げて行った。木のてっぺんまで追って来て、二人に逃げられた山姥は、やはり「天の神さん、どうか縄を下ろしておくんない」と言って拝んだ。すると空から腐りかかった縄がポシャンといって落ちて来たので、あわてて目が眩んだ山姥が、いきなりそれにつかまると、縄が切れてまっさかさまにぶち落ちた。その下には大きな石があって、山姥はそれにウンとぶっつかって死に、その拍子に腹が裂けて、呑まれていた梅子もまだ生きたままで出て来た。そこへお母も里から帰って来て、三人の子供を抱いて喜んだ。
山姥が落ちた所に蕎麦の畑があって、その血で蕎麦の根が赤く染まった。それから後、蕎麦の根はあんなに赤いのである。

(昭和十六年一月七日 中道町右左口 長塚一宝君〔二十六歳〕
同君が村の盲人田中かつ婆様より)

土橋里木(1975年)全國昔話資料集成16甲州昔話集 岩崎美術社

* 話者の年齢は採話時のもの

このデザインソースに関連する場所


甲府市右左口町
ページトップ