1531│鬼御堂

Top > Old Tale > 1531│鬼御堂

ソース場所:韮崎市神山町鍋山1111 願成寺 鬼見堂[墓]

●ソース元 :・ 土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会
●画像撮影  : 201年月日
●データ公開 : 2018年08月27日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

 

[概要]

鬼御堂
願成寺にあり、源為朝琉球より潜行してこの地に来た時、従者の鬼界ヶ島人二名の中、一名病死したのを鍋山の崎に葬り、その墓所を鬼観堂という。またこの村には別に、為朝公を祀った為朝神社がある。 (北巨摩郡誌)

これは為朝公主従の墓で、中央が為朝公、両側が二鬼の墓である。鬼とは従者のことであろう。 (口碑伝説集)

土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会

このデザインソースに関連する場所


韮崎市神山町鍋山1111 願成寺
ページトップ