1537│紙明宮[紙の神様]

Top > Old Tale > 1537│紙明宮[紙の神様]

ソース場所:市川三郷町市川大門2660 八乙女神社に合祀されている

●ソース元 :・ 土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会
●画像撮影  : 201年月日
●データ公開 : 2018年09月07日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

 

[概要]

紙明宮[紙の神様]
八幡神社の西に紙明宮という石祠がある。その地を昔から甚左屋敷と呼び、製紙の祖 甚左衛門を祀ったものとされ、漉紙衆が厚く尊崇してきたところである。甚左衛門は甲斐源氏義清の家臣で、製紙の法に熟練し、里人にこれを教えたと伝えている。 (西八代郡誌)

土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会

このデザインソースに関連する場所


市川三郷町市川大門2660 八乙女神社
ページトップ