0314│塩の山

Top > Old Tale > 0314│塩の山

ソース場所:甲州市塩山上於曽 塩ノ山

●ソース元 : ・ 土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会
●画像撮影 : 2013年11月11日
●データ公開: 2016年06月24日
●提供データ: テキストデータ、jpeg
●データ利用: なし
●その他  : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

[概 要]

塩の山

向嶽寺の背後にあり、周囲四粁、高さ五五六米、むかし山中に塩を出したからこの名がある。後に向嶽寺の山号となって、エンザンと音読みするようになった。平野の間に孤立し、遠く望めば帽子に似て、別名を黒帽子山という。 (東山梨郡誌)

この山を石森山と共に、ダイラボッチがかついで来たという伝説は前に述べた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

石森山

昔レイラボッチという大力の坊主が、苧殻(おがら)の棒で二つの山をになってきたが、この辺で棒が折れて一つの山は石森となり、今一つは塩山となった。足跡のことはいっていないが、レイラボッチの腰掛石というのは所々にある。それ以来この土地では苧麻を作らないそうだ。この大力坊をダイラボッチ、又はデーラボッチともいう。 (日本伝説集)

 

土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会

このデザインソースに関連する場所


35.711827, 138.725572
ページトップ