0318│三枝守国

Top > Old Tale > 0318│三枝守国

ソース場所:甲州市塩山下萩原

●ソース元 :・ 土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会
●画像撮影  : 2014年09月19日
●データ公開 : 2016年06月24日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

[概 要]

三枝御殿
今から凡そ千百年前、仁明天皇は八幡神社に祈願され、七日満願の夜の夢に、白衣をつけた白髪童顔の異人が現れ、近いうちに夷敵が押し寄せ我が国に寇するが、その時敵を平らげ国土を守る者は、丹波の国大安寺の榎の大樹の上の童子であると告げた。天皇夢から覚めて、勅使を丹波の大安寺に遣わしたところ、寺の丑寅に榎の大樹があり、枝が三つに分かれるところに齢十歳ばかり、眼光鋭く骨格たくましい童子がいた。都に連れて来て天皇に謁し、天皇問いを発せられること三度、童子は黙して答えず、指先を咬んでその血で書いて見せた。吾はもと八幡大菩薩の神勅によって、子の国を守らんために天降った天使だと。天皇喜んで、榎の三つ又の枝の間から生まれたので、姓を三枝、又国土を守る由縁によって名を守国とつけて、宮中に養育した。
三枝守国長じて身の丈七尺余、筋骨たくましく文武に秀で、帝もご寵愛せられたが、やがて北辺の異国より夷敵数万筑紫に押し寄せ、九州の浜海を騒がしたから、天皇守国を征夷大将軍として筑紫に遣わされた。守国智謀を以って敵を撃退し、天皇これを賞して守国を従四位下に叙し、播磨守に任ぜられた。守国は播磨・筑紫等に歴任し、後京都に帰り、北面の士右近衛の中将に任ぜられ、廟議に参与し、権勢旭日の如くであった。或る日宮中の廊下を過ぎて一官女に逢った時、守国の腰に挟む大刀のこじりが、誤って女官の衣装の裾を押さえ、恰も臼をのせたようで動く能わず、女官漸く逃れてこれを帝に告げた。帝怒って守国を重刑に処せんとしたが、重臣中に諌め参らす者があり、よって重刑を減じて守国を甲斐国に左遷し、会の権之守に任じた。
守国は始め八代郡野呂の郷に館を構え、後に山梨郡萩原の郷に移り、今の下萩原北御殿後を本拠とし、城郭をきづいていたが、一条天皇の長徳四年、百六十歳の長寿をもって死し、遺骸は野呂の郷に葬った。子孫及び里人その霊を祀り、柏尾大権現と称し、毎年九月十九日死亡の日に例祭を執行する。又その境内に榎を植え、三枝祭をするという。今御殿の北に榎の地名があり、またその城跡を柏原堰という。  (東山梨郡誌)

土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会

写真は平成26年9月19日、勝沼の大善寺にて行われた「三枝守国公法要」の様子です。

このデザインソースに関連する場所


甲州市塩山下萩原
ページトップ