0323│鼻取山

Top > Old Tale > 0323│鼻取山

ソース場所:笛吹市八代町竹居5051 花鳥山公園

●ソース元 :・ 土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会
●画像撮影  : 2015年07月02日
●データ公開 : 2016年06月24日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

[概 要]

花鳥山
竹居の東にある一小丘で、附近に陣ガ平という所があり、昔穴山伊予守信永が南部某と戦って敗走したところだという。傍に首塚があり、この戦いに死んだ人々の耳鼻を切り、京観を築いたから鼻取山と名づけた由。毎夜この山から燐火が出て東南に走り、夜明け頃鳥坂峠の辺に至る。村人はこれを花鳥の火の霊(たま)と称し、見慣れて怪しまないという。一説には、山中桜樹が多いから花鳥山というとも伝えている。 (東山梨郡誌)

土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会

 

今では、リニア実験線の鑑賞スポットとしても知られている。

このデザインソースに関連する場所


笛吹市八代町竹居5051 花鳥山公園
ページトップ