0317│七日子神社

Top > Old Tale > 0317│七日子神社

ソース場所:山梨市七日市場1068 七日子神社

●ソース元 :・ 土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会
●画像撮影  : 2015年09月11日
●データ公開 : 2016年06月24日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

[概要(小児の足跡石)]

七日子神社の御影石に小児の足跡があり、産屋あけ参宮のとき、児を立たせてこれを踏ませれば、一生の寿福を全うするという。この社は昔、欽明天皇のお后御懐妊の時、天皇勅して甲斐国七日子の神を祭らしめ給い、その郷の貢を禁中に召され、御后御臨産の時右の貢米を御餞に炊き、これをすすめられると安らかに皇女を生ませられた。七日子の御粥の行事は、禁中の御吉例だといって今も行われるという。 (東山梨郡誌)

出典:土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会

このデザインソースに関連する場所


山梨市七日市場1068 七日子神社
ページトップ