0335│南明寺の大すりこぎ

Top > Old Tale > 0335│南明寺の大すりこぎ

ソース場所:富士川町小林2247 南明寺

●ソース元 :・ 土橋里木(昭和51年)「甲州の伝説」甲州伝説散歩  ㈱角川書店 を参考にしました。    
●画像撮影  : 2014年10月17日
●データ公開 : 2016年06月24日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

[概 要]

舂米の南明寺は徳川家康と深い関わりがある。天正八年(1580)徳川家康は、隣国朝倉氏との戦いに敗れて遠く甲斐へ落ちのびた。そのころ南明寺の住職は十三世用山儀存(ようざんぎぞん)といい、三河の生まれで、家康の今川人質時代にともに学んだ人だったことから、家康はこの寺へ逃げ込んだ。寺では弟子僧が味噌をすっていたので、儀存は家康主従に僧衣を着せ、すりこ木を与えて味噌をすらせ、彼らを追う敵兵から匿った。家康は喜んで、徳川家の寄進で寺は改築され、寺をめぐる四キロ四方の土地も寺領となり、見違えるほどの立派な大寺となった。という。
今も南明寺の大すりこぎと呼んで、本堂の内陣の左右に、一番擂粉木、二番擂粉木の二本の大物が吊り下げてある。

 

このデザインソースに関連する場所


富士川町小林2247 南明寺
ページトップ