0342│双児塚

Top > Old Tale > 0342│双児塚

ソース場所:笛吹市八代町南747 慧光山 定林寺

●ソース元 :・ 「定林寺縁起」定林寺HP      http://www.jorinji.org/engi.html
●画像撮影  : 2015年07月02日
●データ公開 : 2016年06月24日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

[概要(双児塚)]

「定林寺縁起」より
鎌倉時代の文永年間、日蓮大聖人は直弟子の日向と日興を従えて甲斐国御巡化の旅に出られた際、この八代の里に行き暮れました。一夜の露をしのぐべく野中の地蔵堂にお泊まりになられたその夜、東方に闇を通して妖一団に鬼火が立ち上がるのを御覧になられます。翌朝、日蓮大聖人が村人にその仔細を尋られると、郷士の早内左衛門は次のような因縁話を語りました。
平安末期の寿永年間、源平富士川の合戦に敗れた平祐成の側室、白菊御前(平重盛の従妹)は、敗軍のため一門を離れて逃げ続け、この里にたどり着きました。しかし、懐妊の身であった御前はそれ以上は進めず、とある塚のほとりで産気づき、一児は死産、一児は胎内に残したまま自身もはかない最期をとげてしまいました。甲斐源氏の地であるこの里の村人達が敵方の側室や嬰児を丁寧に葬はずもなく、その塚のかたすみに埋めてしまってから誰ひとり供養する者もなく年月が過ぎていきました。いつしか塚より鬼火が燃え上がり、村は災害や疫病にあい続け、豊かであった村も年を追ってすたれ、さびれてしまいました。
日蓮大聖人はこの話を聞かれると、いまだに成仏できずにいる母子とその因縁に悩まされているこの里をいたく気の毒に思われ、御弟子二人を従えて塚の上に安産の妙符を供、法華経「如来寿量品」を三十遍読誦されました。
その夜、日蓮大聖人は請われるままに早内家に泊まられますが、夜半、聖人の枕辺に一人の気高き婦人が二人の赤子を抱いて立ち現れます。婦人は法華経の利益と妙符の功徳で無事成仏安産できたお礼を述べられ、未来永劫この地にとどまって女人の守護神になることを日蓮大聖人に誓います。日蓮大聖人はおおいに喜ばれ、婦人に「二子鬼子母神ふたごきしもじん」の尊号を賜たまわることを告げられました。

出典:「定林寺縁起」定林寺HP http://www.jorinji.org/engi.html

このデザインソースに関連する場所


笛吹市八代町南747
ページトップ