0345│仙洞田

Top > Old Tale > 0345│仙洞田

ソース場所:南巨摩郡富士川町高下仙洞田

●ソース元 :・ 現地由緒碑 より    
●画像撮影  : 2015年05月22日
●データ公開 : 2016年06月24日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

[概 要]

浅黄媛と仙洞田の由緒
仙洞田家に伝わる古文書によると甲斐源氏の加賀美遠光の子孫南部次郎重清は尊王の念厚く後花園天皇に北面の武士としてお仕えしていた。美男で能く忠功を励んだので院の御意に叶い高嶺の花と恋い慕っていた美しい内侍の浅黄媛に仙洞の二字を添えて賜った。帰国を許され甲斐の街道筋 高下村 に居を定め田畑を拓き 戴いた仙洞の二字に田を加え仙洞田重清と号し、仙洞田集落として栄えた。
然し世は応仁の乱の兆しが現れ重清は御所警護の為、同伴を求める妻を言い含め京都に上った。戦乱は長びき音信も途絶えて姫は寂しさに耐えかね悲しみに沈むばかり 姑に命ぜられた麦搗きも思うにまかせず嘆かわしさに、我慢の緒が切れ一思いにと姫の五体は宙に浮き激流渦巻く滝壺に没し姫ん淵の名を止めている。
重清は姫の菩提を弔うため延寿寺を創立、遅れること九年にして没した。里人は姫宮神社を創り、鎮守氏神として祀り重清と姫の為に墓を建てた。
子孫の仙洞田一族は栄え青柳村などえ移り住む者等、現在も静かな山里に菊花の御紋章が輝いている。

古文書により   平成十四年 秋彼岸
仙洞田 貞夫 誌之

このデザインソースに関連する場所


南巨摩郡富士川町高下仙洞田
ページトップ