0346│姫ん淵・下女ん淵

Top > Old Tale > 0346│姫ん淵・下女ん淵

ソース場所:南巨摩郡富士川町高下4256 姫宮神社

●ソース元 :・ 土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会    
●画像撮影  : 2015年05月22日
●データ公開 : 2016年06月24日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

[概 要]

仙洞田次郎重清は、後花園天皇の御宇北面の武士に列して御感斜ならず、寵姫浅黄の前を賜り、また姫に仙洞の二字を賜った。賜暇を得て本国に帰り穂積村(増穂村)高下坊に住んだ。この辺の田んぼを拓き、賜った仙洞に田を添えて仙洞田と号した。浅黄の前は夫や子どもがある身で、なお帰洛の情堪えがたく道利川に投じて死に、侍女某もその後を追って、同じ川の一町ばかり下で入水した。後人これを姫の淵・下女の淵と名づけ、今も両淵にその墓碑がある。
それよりこの淵の辺を通行する者は溺死し、また病気になり異変が生じたから、里人恐れて姫の霊を鎮めんとして、姫宮明神を勧請したが、後に諏訪大明神と改称し、今に至る一村の氏神となっている。 (松のしらべ方言伝説号)

土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会

このデザインソースに関連する場所


35.531231, 138.425868
ページトップ