0310│鬼の湯

Top > Old Tale > 0310│鬼の湯

ソース場所:甲府市湯村3-15 柳屋従業員宿舎P内「谷の湯」跡

●ソース元 :・ 土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会             
●画像撮影  : 2015年11月13日
●データ公開 : 2016年06月24日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

[概 要]

鬼の湯

昔旗本の多田三八、湯村に湯治しようとして甲府へ来る途中、馬に乗って天目山の麓を通ると、杉の大木の枝上より怪物が怖ろしい腕を伸ばし、三八!と呼んで頭を掴んだ。三八も勇者故刀を抜いて頭上を切り払うと、丈八尺ばかりの天狗の片翅を切り落とした。三八はその翅を持って湯村に来て入浴していると、雨風の烈しい日に巨大の法師が来て入浴した。よほどの金創を負っているので問うてみると、以前に多田三八と戯れて手を負ったと答えた。三八はこれを聞いて刀を抜いて飛びかかると、法師は驚いて湯村地蔵の山へ逃げ登り、三八はこれを追ったが、ついに見失うた。今も多田氏は天狗の翅を所持する由で、それ以来この湯を鬼の湯という。 (裏見寒話。西山梨郡誌)

土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会
湯村温泉郷(柳屋とNACの間にある駐車場)に「谷の湯」跡の表示があるが、ここが「鬼の湯」があった場所といわれている。 (谷←鬼が訛った)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
谷の湯
貞和三年 大覚禅師の草創したもの。禅師は漢土から日本に渡り、信濃に留まっていた時、一夜、甲斐国に名湯が涌くから開くがよいとの夢を見た。禅師は甲斐国に至り塩沢寺に滞在する中、芦の生えた谷間に湯煙の立つのを見て、芦を刈ってみると果たして温泉が涌いていた。これを開いて湯村の温泉とし、谷に湯と呼んだ。後には武田信玄公も親しく入浴したという。 (西山梨郡誌)

土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会

このデザインソースに関連する場所


35.683515, 138.546995
ページトップ