0381│竹居の蚕影山(こかげさん)

Top > Old Tale > 0381│竹居の蚕影山(こかげさん)

ソース場所:笛吹市八代町竹居796 楞厳[りょうごん]寺 蚕影さまの祠

●ソース元 :・ ブランコの会 編集・発行(1985年)「みさかの民話」
●画像撮影  : 2016年01月26日
●データ公開 : 2016年06月24日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

[概 要]

竹居の蚕影山(こかげさん)
「むにゃむにゃ。むにゃむにゃ」
口の中で、呪文をとなえながら、白髪の老婆が山道を登っていきます。腰をくの字に曲げ、背丈よりも、はるかに長いつえを突いていました。浅川の土橋を渡り、曲がりくねった山道を、ゆっくり登っていきます。とても信心深い婆さまでした。
婆さまの家は、山の中腹にありました。いつからそこに住んでいるのか、年はいくつになるのか、知る人もいません。
ある日、その婆さまが居眠りをしていると、外でガヤガヤと話し声が聞こえてくるではありませんか。不思議に思った婆さまが戸のすき間からのぞいてみると、いままで見たこともない無数の小虫が、婆さまに向かって口々に何かを言っています。婆さまが耳を疑らすと、驚いたことには、
「桑がほしい」
「桑がほしい」
と、息もたえだえに言っているではありませんか。そして、その中のいちばん大きな虫がはい出してきて、
「わたしはこの虫たちの親です」
と、婆さまにぴょこりと頭を下げました。
「わたしたらは桑を食べて大きくなり、やがて白い繭をつくります。ですが、今年の日照りにはすっかりまいりました。どこに行っても桑の葉がよれよれに枯れて、食べることができません。このままでは、わたしらはみんなうえ死にしてしまいます。どうか婆さまのお力で、なんとか桑をつくってもらいたいのです。そうすればお札に、わたしらは白いりっぱな繭をつくります。その繭が、人間にはたいへん役にたつと思います」
そう言ったかと思うと、あれほどたくさんいたはずの虫たちが、一匹残らず消えてしまいました。
「これは神さまのおつげにちがいない。天の虫だ」
婆さまは夜の明けるのもまたずに山を下り、夢のような出来事を村人たちに話しました。そして桑を植え、虫を飼うことをすすめました。はじめのうちは、村人たちも半信半疑で聞いていましたが、婆さまのあまりに熱心なすすめに、
「ふんじゃあ、どうだい。みんなでその虫を飼ってみるじゃあねえけ」
と、話はとんとん拍子にすすみ、さっそく桑を植え、虫を飼うことになりました。
小虫たちは、遠くから風が吹いてくるように、さわさわとおいしそうな音を立てて桑の葉を食べて、みるみる大きくなり、四回も脱皮をくり返して、体が透き通るようになると、ロから美しい絹の糸をはき出して、まっ白な繭をつくりました。
これが養蚕のはじまりだったというこどです。
村人たちは、まるで、わが子を育てるように、明るい部屋に、寒い時には炭火をたいて部屋をあたためました。そのため、自分たちはうす暗い納戸での生活でしたが、暮らしむきはたいそうらくになりました。
「こんなに暮らしがらくになったのも、みんなあの婆さまのおかげだよなあ」
「まったくそうだ」
「そのとおりだ」
村人たちは口ぐちに言いました。
「ふんじゃあ、ふなむずで、てえまつ(松明) をいっぺえこせえて、婆さまにお札に行ったらどうずら」
ふなむずとは、番が繭をつくりやすくするために使う木の枝です。
「そりゃあ、ええかんげえだ」
「そんじゃあ、みんなの家のふなむずで、てえまつをいっぺえこせえらざあ」
村人たちは、なん日も、なん日もかかって、たくさんの松明をつくりました。前山の木々が、少しずつ緑にかわって、竹居の山里にも春の気配が訪れてきました。鳥が、しきりにさえずりだしました。
そして、夏の蚕の収穫も無事に終わったある日、村人たちは、互いにさそいあって、みんなで婆さまの家にお礼に出かけていきました。
「婆さま、おかげさんで、やっとばくめし(麦のご飯)が食えるようになりやした」
「ありがとうごした」
「ありがとうごした」
と、口々に礼を言う村人たちに、婆さまはやさしく笑みをうかべて何度もうなずいていましたが、
「なあ、村の衆よ。みんなが明かりをたいてくれて、婆さまのしわの数までが、はっきりと数えられるようで、恥ずかしいよ」と言って、婆さまは、歯の抜けた顔で笑ってみせました。
婆さまは、それからは、どきどき山を降りてきては、家々の蚕をのぞいて歩きました。
「おお、ここのおぼこはよく肥えている」
と言って目を細め、
「おお、ここのおぼこは、ちょっと元気がないようだ」
と言っては、元気になるような飼い方を教えてくれました。
そして、ある年の夏、村人たちがまた婆さまを訪ねると、婆さまは、
「もうみんなは、立派に、おぼこを育てられるようになった。これ以上教えることはないよ。これからも丈夫に育つように、みんなでお祈りしよう」
そう言って、婆さまは、むにゃむにゃと例の呪文をとなえました。そのとき、
「あっ、婆さまが」
と、だれかが声を出しました。パッと東の空が明るくなり、松明の灯りの何百倍もの明るい光の束が、山頂めがけて駆けあがっていくのが見えました。
「婆さまが天に帰っていったずら。あの婆さまこそ蚕の神さまだったにちげえごいせんよ」
と、村人たちは驚きました。
蚕の神さまとなった婆さまのほこらは、蚕影(こかげ)さまとして蚕影山平(こかげさんだいら)に祭られてありましたが、その後竹居の楞巌寺(りょうごんじ)に移されました。
蚕影山の祭りには、子どもたちはお金のもらいが多いと「お蚕大当たり」と言ってはしゃぎ、少ないときは「お蚕どうぐされ」と悪口を言って御輿をかついでまわったと言います。
時はながれ、時代は移り、今では桑畑のあとに桃の木がしっかりと根をおろしています。

ブランコの会 編集・発行(1985年)「みさかの民話」

このデザインソースに関連する場所


笛吹市八代町竹居796
ページトップ