0387│紐掛け石

Top > Old Tale > 0387│紐掛け石

ソース場所:南巨摩郡身延町粟倉

●ソース元 :・ 土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会    
●画像撮影  : 2015年11月11日
●データ公開 : 2016年06月24日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

[概 要]

昔甲斐の盆地が一面の湖水であった時、東光寺の国母地蔵と、鰍沢の蹴裂明神で、鰍沢の下の岩石を切り開いて、一国の水を落とされた。そのとき紐をかけて引っぱった岩が紐掛け石といい、今もその岩にはあさり、はまぐり等の貝の化石が残っているという。 (西山梨郡誌)

土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会

 

このデザインソースに関連する場所


35.434987,138.416391
ページトップ