0360│鵜飼橋(笛吹市石和町市部1016 遠妙寺)

Top > Old Tale > 0360│鵜飼橋(笛吹市石和町市部1016 遠妙寺)

ソース場所:笛吹市石和町市部1016 遠妙寺

●ソース元 :・ 御硯水の説明板     
       ・ 土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会           
●画像撮影  : 2015年12月17日
●データ公開 : 2016年06月24日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

[概 要]

旧蹟 「御硯水」
元暦の昔 平家没落の頃 平家の公達(大納言時忠と云われる)が左遷され 石和の里に蟄居していた時 観音寺々領を流れる鵜飼川(石和川)の禁漁区に於いて 鵜を放ち 漁をしたため里人の怒りを買い簀巻きの刑に処せられ〝岩落〟の水底に沈められた。後その怨念は、幽魂となって縷々里人を悩ましていた。
鵜飼山縁起に因ると「文永十一年夏の頃 身延の草庵を発たれた日蓮代聖人が日朗・日向両上人を伴い会一円を御巡化の砌り 石和の里 鬼苦ヶ島(菊ヶ嶋)の辻堂に休息し給いはしなくも彼の亡霊に接し、これを済度し給わんと思し召され日朗菩薩は河原の小石を集め日向上人は墨を硯り大上人自ら筆をとらせ給いて法華経一部八巻二十八品六万九千三百八十余文字を三日三夜の亘り一字一石の経石に書写して鵜飼川岩落の水底に沈め川施餓鬼供養を修し涸れの亡霊を成仏得脱せしめ給うた」とある。彼の硯の水が経の「お硯水」または「お硯井戸」であり大聖人が、錫杖によって穿たれた井戸と伝えられている。住古は清冽玲瓏滾々としていたが明治四十年の大洪水により埋没 その後 浚渫補修し今日に至る。因って この硯水を霊水となし題目を誦すれば忽ちその勢いを増して迸ると又醸造に用うれば芳醇四海にあまねく銘酒になると云う。故にこの水を汲み符水となすもの多しと伝う。

〝岩落〟 現在地東方百米の地に相生の老杉あり、その西側 元鵜飼川の本流に岩石そばだち水が衝り滝の如くに落ちたので 岩落と称した。                                            鵜飼山 遠妙寺

御硯水の説明板 より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鵜飼川      東八代郡石和町四日市場
元暦年中平家没落の折り、時忠公当国に左遷され、菊島の郷に住んだが、生来殺生を好み漁りを生活とした。法城山観音寺の寺領は殺生禁断の場所であったが、時忠はこの禁制を破り、夜毎に鵜を放って魚を捕ったから、里人これを憎み、岩落の淵に時忠を柴漬として処刑した。その後彼の怨念幽魂となって現われ屢屢里人を悩ました。
文永十一年の夏日蓮上人は日朗、日向の両弟子と共にこの地に巡錫し、この話を聞いて、二人の弟子に磧の小石を拾わせ、自ら一石一字のお題目(法華経)を書写して川に沈め、三日三夜の間施餓鬼供養をされた。それで亡霊も済度されて再び人を驚かすことなく、今も鵜飼山遠妙寺に宝物として経石を蔵し、又境内に平大納言時忠の墓と云うものがある。その後河川改修の結果、この川は笛吹川と合流してしまったが、今も鵜飼橋があり、又その時上人が写経された硯水が御硯井として残っている。
この話は遠妙寺の縁起となっているが、漁夫の名は、鵜飼勘作という者であったという説もある。      (東山梨郡誌。松のしらべ方言伝説号)

土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このデザインソースに関連する場所


笛吹市石和町市部1016 遠妙寺
ページトップ