0533│旗立ての松

Top > Old Tale > 0533│旗立ての松

ソース場所:甲州市大和町田野389 景徳院

●ソース元 :・ 土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会         
●画像撮影  : 2014年09月19日
●データ公開 : 2016年04月01日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

[概 要]

壬午の変の時、自体が急迫し、ここの松の木武田家累代の宝物である旗を立て、世子信勝が擐甲の礼を行ったという。九間に六間の老松であったが、弘化年中(1844-48)火災にかかって枯れ損じた。  (東八代郡誌)

土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会

(その後その子孫となる松が植えられている。)

このデザインソースに関連する場所


甲州市大和町田野389 景徳院
ページトップ