0534│天目山

Top > Old Tale > 0534│天目山

ソース場所:甲州市大和町木賊122

●ソース元 :・ 土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会         
●画像撮影  : 2014年09月19日
●データ公開 : 2016年04月01日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

[概 要]

天目山棲雲寺は、貞和四年(1348)業海本浄の創立で、これより先業海は文保年中元に渡り、元国の天目山に参じ、中峯禅師、普応国師に学んで、帰朝後この山を開いた。その頃丹波左冶の瑞岩山高源寺の開祖遠渓祖雄も、業海と同じく元に入り、中峯に学んだ同門の人で、帰国後やはり自分の寺を天目山と号した。よって棲雲寺を東天目、高源寺を西天目というのである。 (東八代郡誌)

土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会

 

このデザインソースに関連する場所


甲州市大和町木賊 栖雲寺
ページトップ