0535│藤切り祭

Top > Old Tale > 0535│藤切り祭

ソース場所:甲州市勝沼町勝沼3559

●ソース元 :・ 土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会         
●画像撮影  : 2014年09月19日
●データ公開 : 2016年04月01日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

[概 要]

柏尾山大善寺の会式で、陰暦四月十四日に、開山の行基菩薩が、大和大峯山の絶頂で、大蛇を退治したことをかたどって行うという。杉の枝葉を以って高さ二丈余の櫓を造り、それに長さ一丈二尺の太い藤蔓を七巻半、蛇の如く輪に巻いたものを下げ、行基に模した僧これに登り、暫く祈祷の後、刀を抜いてその藤蔓を切り落とし、これを参詣人が多数で奪い合い、刃物で切り取って持ち帰り、蚕神に供えて蚕の豊産を祈る。子の日風が吹けば桑の相場が上がり、雨が振れば下落すると云われている。 (東山梨郡誌)

今は月遅れで新暦の五月十四日に祭りをし、大蛇がいたのは柏尾山であり、それを退治したのは役の行者だともいっている。又藤蔓を切り落とすのは山伏姿の修験者で、これを参詣人が奪い合う勝負によって、その年の吉凶を占うと言う。 (甲斐叢記。松のしらべ方言伝説号)

土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会

 

 

このデザインソースに関連する場所


甲州市勝沼町勝沼3559 大善寺
ページトップ