0548│うなぎを食べないという話

Top > Old Tale > 0548│うなぎを食べないという話

ソース場所:北杜市武川町山高 幸燈宮

●ソース元 :・ 山梨県連合婦人会 編集・発行(平成元年)「ふるさとやまなしの民話」      
●画像撮影  : 201年月日
●データ公開 : 2016年06月24日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

 

[概 要]

うなぎを食べないという話
武川村山高の氏神様にまつわる、千年以上も前からの古いお話です。この氏神様には、三人の神様が祀られていて、その中の一人に稚日霊女尊(わかひるめのみこと)と呼ばれる女の神様がいました。
たいそう強く、勇ましく、戦いの上手な軍(いくさ)の神様でした。ある時隣の国との戦いがあって、尊は大勢の家来とともに、馬に乗って出陣しました。そしてある沼辺で敵の大将と組討ちになりました。どちらも強くてなかなか勝負がつきません。そのうちとうとう二人とも、馬から沼の中へ落ちてしまいました。
沼は泥が深くて、もがけばもがくほど、体はずるずると、沼の中へのめりこんでいきました。 もう助からないと思っていた尊はその時、泥の中からぐんぐんと押し上げる力を感じました。そのうち尊の体は次第に水の上に浮き上がってきて、戦いよい形になりました。一方敵の大将は、そのままなおも泥の中にのめりこんでいき、とうとう尊は敵の大将を倒すことができました。
このあぶないところを助けてくれたのは沼に住む一匹の大きな鰻だったのです。
この話はたちまち村人の間に伝わり、それからというものは人々は”鰻は御神魚だ、うなぎを食うと神の罰があたって、目がつぶれるぞ”といって誰一人として、うなぎを食べる人がいなくなりました。そして捕えた鰻はみんな氏神様の前の池に放して大切に扱い、また拝殿には、千匹の鰻を画いてある大きな絵馬を納めました。そして九月九日に年々行われる氏神様のお祭りには、庭にかがり火を焚いて、丑の刻(午前二時)になると、神様にお供えするご馳走の中に必ず、どじょう汁を供えるようになったのです。
どじょうは、うなぎの大好物だからです。鰻を神様のようにおまつりして、感謝する村人たちのあたたかい心は、長い間伝わりました。    (武川村)

山梨県連合婦人会 編集・発行(平成元年)「ふるさとやまなしの民話」

このデザインソースに関連する場所


山梨県北杜市武川町山高2532 幸燈神社
ページトップ