0556│鎮西が池

Top > Old Tale > 0556│鎮西が池

ソース場所:大月市初狩町下初狩 滝子山山頂近く (35.62975,138.85231)

●ソース元 :・ 山梨県連合婦人会 編集・発行(平成元年)「ふるさとやまなしの民話」   
       ・ 内藤恭義(平成3年)「郡内の民話」 なまよみ出版        
       ・ 土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会
●画像撮影  : 201年月日
●データ公開 : 2016年06月24日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

 

[概 要]

鎮西が池はとても小さな池なので、すぐ脇の白縫神社が目印になります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
滝子山にまつわる白縫姫の話
今からおよそ八百年もの昔のことです。
弓の名人で知られた鎮西八郎為朝は、血気にはやるおこないが多かったので、父為義の怒りに触れ、肥後(九州)の城主・平忠国のもとに預けられてしまいました。
忠国には、白縫姫とよばれる美しい娘がいて、為朝はこの姫と結ぼれたのですが、まもなく父に呼びもどされ、保元の乱で、父に従って戦うことになりました。為朝の留守中に姫は男の子を生み、為若丸と名づけました。保元の乱では為朝の軍勢は父為義が切られ、姫の父もほろほされてしまいました。このとき白縫姫は、まだ乳呑児であった為若丸とともに、おつきの者に護られてひそかに城をのがれ、世を忍んで諸国を逃げ歩く旅を続け、ついに甲斐の国にたどり着いたのですが、追手の目をのがれながら、山や谷の道もないところを歩いて、苦労を重ねて、やがて、鎮西山に(今の初狩町滝子山)に着きました。そして山上に小屋を造って住み、水の湧くところに池を掘って、鎮西池と名づけ、別れ別れになった夫 為朝をしのんでいました。
しかし山の上の生活は殊のほか厳しかったので、姫は麓の里に移り、里人の温かい心に見守られてひととき平穏に過ごしたのですが、なおも追手のくるのを恐れて、為若丸を彦太郎と名を変えて里人に預け、故郷の肥後へ向って旅立ったと伝えられています。鎮西池は今も滝子山にあって、白縫姫の伝説をよみがえらせています。

山梨県連合婦人会 編集・発行(平成元年)「ふるさとやまなしの民話」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
鏡ケ池
源為朝は朝廷のいうことをきかず、自ら鎮西将軍を名乗ったり、勝手に九州の豪族を誠ぼしたりする、手のつけられない荒武者であった。
こんな荒武者でも保元の乱では負けて逃走するところを捕えられ、伊豆の大島へ島流しにされてしまった。おしおきを受けている身であっても、一軍の将であった為朝は、たちまち島民を従え、頭となり、海賊を働いたりして、うっぷんばらしをしていたが、とうとう我慢できなくなって島を抜け出した。
伊豆の山中を抜け、箱根を抜け、富士のふもとで都からひそかに呼び寄せた妻子家来と再会したが、とても都へ帰れる状態ではない。どこかかくれる場所を捜して源氏再興の機をうかがおうと、山から山を逃れ逃れて、いまの大月市真木に至った。
真木の恵能野の西に、滝子山と並んで同じくらいの高い山があるが、四方は見渡せるし、池があって水に困らないので、ここを拠点決めた。
源氏の再興を図って、もう一度一旗挙げたいものだと兵力を募っているうちに、都に知れるところとなって、とうとう敵に固まれてしまった。
「われらの運命もこれまで」と為朝夫人、侍女たちは次々と池に身を投げ、勇敢に闘った為朝主従もことごとく討死した。

戦が終った後、村人は死者を葬るため、池の中から死体を引き揚げたが、為朝夫人の手には鏡と玉とがあった。
泥に汚れた玉を洗ってやると、にわかに雲が天を覆い、やがて雨が降ってきた。村人は玉に霊力が宿ることを知り、祠を造ってまつった。以来、干ばつのとき玉を出して池に浸し、洗ってやれば、たちまち雨を呼んだという。
こんなことがあって、山を鎮西山、池を鎮西ヶ池といい、またの名を鏡ヶ池ともいうようになったが、付近にはお馬冷し場、菜畑などという地名も残っている。
池は埋もれてコモクサが茂る地となり、今はもう雨乞いをすることなどはたえているが、村人はいまも昔をしのんで、「玉には夫人の霊魂が宿り、玉を洗ってやると感謝の涙雨を降らせたのであろう」と語り伝えている。

内藤恭義(平成3年)「郡内の民話」 なまよみ出版
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
鏡ガ池
コンドウ丸と云う高嶺の麓の平地に池がある。今は埋もれて菰草が茂っているが、昔鎮西八郎為朝が伊豆から来てこの深山に庵を結んでいた。それでこの池を「鎮西ガ丸」といい、附近に御馬冷し場、菜畠という地名もある。又この池の中から古鏡が一面出たので、これを鏡ヶ池という。これは會て為朝の夫人、侍女などがこの池で自刃したものだろうといい、尚この池から水晶の小さいものを拾い出したが、これを「お玉」と称し、旱魃の時この玉を池に浸せば忽ち雨が降ったという。 (北都留郡誌)

土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会

このデザインソースに関連する場所


大月市 滝子山
ページトップ