0580│清光(せいこう)寺の洞窟

Top > Old Tale > 0580│清光(せいこう)寺の洞窟

ソース場所:北杜市長坂町大八田6600

●ソース元 :・ 長坂町教育委員会(平成12年)「長坂のむかし話」 長坂町役場 
●画像撮影  : 2015年11月12日
●データ公開 : 2016年06月24日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

[概 要]

清光(せいこう)寺の洞窟     (大八田)

清光寺本堂の西側に、大人が立って入れるくらいのほら穴がある。言い伝えによると、清光(きよみつ)公が谷戸城を追われ清光寺に逃げてきたときの隠れ場所として使ったほら穴だとか、また水を引くために掘られた穴だとか言われているが、奥行きがどれだけあるのかもわからず、昔から不気味なほら穴として語り継がれてきた。
子供の頃、懐中電灯もない時代だったのでロウソクの明かりを頼りに「度胸だめし」と中に入っていくと、コウモリが飛び出して体にあたり、「お化けが出た・・・」と逃げ出したものだった。
今は、危険防止のため鉄柵でふさがれている。     (堀内朝一)

長坂町教育委員会(平成12年)「長坂のむかし話」 長坂町役場

このデザインソースに関連する場所


北杜市長坂町大八田6600
ページトップ