0589│大欅の疣(いぼ)わたし

Top > Old Tale > 0589│大欅の疣(いぼ)わたし

ソース場所:北杜市長坂町長坂上条1461 穂見諏訪十五所神社

●ソース元 :・ 長坂町教育委員会(平成12年)「長坂のむかし話」 長坂町役場 
●画像撮影  : 2016年01月07日
●データ公開 : 2016年06月24日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

[概 要]

大欅の疣(いぼ)わたし     (長坂上条)

長坂上条の穂見諏訪十五所神社の境内の右側に幹の太さがおよそ6m、樹齢700年余りといわれる欅の大木がたつています。
この欅は昔から、縁結び・子授けの欅、疣取りの欅として崇拝されてきました。
子どもの頃、毎週日曜日の朝、早起きの競争をしながら神社の清掃に行きました。女の子は拝殿の雑巾掛け、男の子は境内の木の葉やごみをはきました。
その頃子どもたちの間で「疣わたし」がはやっていました。
あらかじめ用意してきた紙のコヨリを自分の手や足に出た疣と、欅の幹に出ているこぶとの間にわたして「いぼいぼわたれ、一本橋わたれ」と三回唱えれば、三日後には疣がとれるといわれていました。
神社の清掃を終えた子どもたちは、家に帰るのも忘れて疣わたしをしたものです。
(秋山圭三)

長坂町教育委員会(平成12年)「長坂のむかし話」 長坂町役場

このデザインソースに関連する場所


北杜市長坂町長坂上条1461 穂見諏訪十五所神社
ページトップ