1117│蚊長の怨霊

Top > Old Tale > 1117│蚊長の怨霊

ソース場所:甲府市太田町5-16 一蓮寺

●ソース元 :・ 甲府市HP「おはなし小槌」 より https://www.city.kofu.yamanashi.jp/senior/ohanashi/index.html
●画像撮影  : 2015年05月29日
●データ公開 : 2016年06月24日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

[概 要]

蚊長の怨霊
(市民読本甲府の今昔より)
慶応二年の頃、八日町の呉服屋・・・屋の総領徳太郎は、小原差出の磯の料理屋水屋の女中と将来を約して、恋仲となった。
ところが、この女中癩病に犯され、五体の腐れゆくのに徳太郎は愛想をつかして寄りつかぬのを怨み、夏の夜、蚊帳の中で自害して果ててしまった。
そして血に染まった蚊帳は、甲府の古着商人の手に渡った。
一方、徳太郎は、勘当され、出入りの大工方へ身を寄せていると、大工、徳太郎のため古着屋から蚊帳を買い来り、吊り与えると、その夜から自殺した女中の幽霊が現れた。
こうして蚊帳は次き次ぎと人の手に渡り、怨霊騒ぎとなり、ついに一蓮寺境内に名僧集まり蚊帳は焼きはらわれてしまったということである。

甲府市HP「おはなし小槌」 より

https://www.city.kofu.yamanashi.jp/senior/ohanashi/index.html

このデザインソースに関連する場所


甲府市太田町5-16 一蓮寺
ページトップ