0639│甲斐絹NO.014[管理番号e154]-パターン③

Top > Pattern > 0639│甲斐絹NO.014[管理番号e154]-パターン③

ソース場所:山梨県産業技術センター 富士技術支援センター

●取得日: 2013年
●データ公開: 2016年7月28日
●提供データ: Adobe Illustrator(ai)、JPEG
●データ利用: なし
●基本データ: E154 絵甲斐絹/西暦 1916 年[ 大正 5 年]/南都留郡谷村町/製作者: 小宮芳蔵
●管理番号: 甲斐絹NO.014[管理番号e154]-パターン③
●その他: ・デザインソースの利用に際しては、山梨県産業技術センター 甲府技術支援センターの承認が必要になります。
      ・このソースは下の甲斐絹(原資料)をベースとして新たにシームレスパターンとして描き起こされています。
      ・甲斐絹(原資料)の閲覧等については、山梨県産業技術センター 富士技術支援センターにお問い合わせください。

[概 要]

連続する小さな点で表現された縦長の麻の葉柄を、四方につながるように割り付けて配置した文様です。

[麻の葉文様・麻の葉模様とは]

麻の葉形を図案化した連続模様で、染織をはじめ千代紙などの工芸品、建築意匠などに応用されます。
麻は生長が速く丈夫なので、めでたい模様とされ、特に産着(うぶぎ)につける風習があります。
東西に古くから見られる文様で、日本では平安時代の仏像の衣に切金(截金)(きりかね)で表されているのが古く、室町時代の繡仏や幡(ばん)の地縫いにも見られます。
近世になって、大麻の葉に似ているところから「麻の葉」と呼ばれるようになり、庶民的な文様として親しまれました。

出典:「麻の葉模様(あさのはもよう)」『コトバンク』。『百科事典マイペディア』の解説、『世界大百科事典 第2版』の解説、URL:https://kotobank.jp/

 

◆甲斐絹ミュージアム(山梨県産業技術センター 富士技術支援センター 企画・制作)

このデザインソースに関連する場所


山梨県富士吉田市下吉田6-16-2
ページトップ