0042│錘

Top > Shape > 0042│錘

ソース場所:山梨県立考古博物館

●取得日: 2014年12月22日
●データ公開: 2016年7月28日
●提供データ: stl、3ds、obj
●データ利用: なし
●その他: 当該物品の3次元データ及び画像データの利用に際しては山梨県考古博物館の承認が必要になります。

[概 要]

南アルプス市百々遺跡から出土した銅製の錘。同時に出土した土器の年代から平安時代(10世紀前半)のものと考えられ、竿はかりに使うものと推測される。
重量は59.9gで、税の収納などのためにはかりを使ったと考えられる。
このようなおもりは、全国的に見ても出土例はごくわずかで、当時の度量衡はもちろん税制の復元の手がかりをも提供する重要な史料である。

 

このデザインソースに関連する場所


甲府市下曽根町923
ページトップ