ABOUT

「YAMANASHI DESIGN ARCHIVES」は、山梨県に伝わる過去の優れた物品の造形や模様、自然から得られる色彩、今に伝わる昔話・伝説を、 産業上で使用することのできるデザインソースとしてデジタル化して配信する山梨県のプロジェクトです。

ABOUT

「YAMANASHI DESIGN ARCHIVES」は、山梨県に伝わる過去の優れた物品の造形や模様、自然から得られる色彩、今に伝わる昔話・伝説を、 産業上で使用することのできるデザインソースとしてデジタル化して配信する山梨県のプロジェクトです。

ARCHIVES

ARCHIVES

VIEW RANKING

RANKING

GUIDE

文様

Pattern

#0636

甲斐絹NO.014[管理番号e154]-パターン①-A

ソース場所:山梨県産業技術センター 富士技術支援センター


●取得日: 2013年
●データ公開: 2016年7月28日
●提供データ: Adobe Illustrator(ai)、JPEG
●データ利用: なし
●基本データ: E154 絵甲斐絹/西暦 1916 年[ 大正 5 年]/南都留郡谷村町/製作者: 小宮芳蔵
●管理番号: 甲斐絹NO.014[管理番号e154]-パターン①-A
●その他: ・デザインソースの利用に際しては、山梨県産業技術センター 甲府技術支援センターの承認が必要になります。
      ・このソースは下の甲斐絹(原資料)をベースとして新たにシームレスパターンとして描き起こされています。
      ・甲斐絹(原資料)の閲覧等については、山梨県産業技術センター 富士技術支援センターにお問い合わせください。

[概 要]

梅の花と麻の葉が市松模様に配された可愛らしい意匠です。
麻の葉は経糸捺染でありながら、全く違う技法である絞り染めを模しているのがユーモラスです。

[市松模様(いちまつもよう)とは]

市松模様(いちまつもよう)とは、格子模様の一種で、二色の正方形(または長方形)を交互に配した模様です。英語、またこれを借りた外来語のチェック(チェッカー)に相当します。
古墳時代の埴輪の服装や法隆寺・正倉院の染織品にも見られ、古代より織模様として存在していました。公家の有職故実では石畳・霰(あられ)などと称されていた為、家紋や名物裂など江戸時代以前から存在するものは石畳文様と呼ばれています。
江戸時代の歌舞伎役者、初代佐野川市松が江戸・中村座での舞台「心中万年草(高野山心中)」で小姓・粂之助に扮した際、白と紺の正方形を交互に配した袴を履いたことから人気を博し、市松はその後もこの模様を愛用して、奥村政信・鳥居清重・石川豊信などがその姿を描いたことから着物の柄として流行しました。後に、「市松模様」「市松格子」「元禄模様」などと呼ばれるようになりました。

出典:「市松模様」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2016年9月8日 07:56 (UTC)、URL: http://ja.wikipedia.org

[麻の葉文様・麻の葉模様とは]

麻の葉形を図案化した連続模様で、染織をはじめ千代紙などの工芸品、建築意匠などに応用されます。
麻は生長が速く丈夫なので、めでたい模様とされ、特に産着(うぶぎ)につける風習があります。
東西に古くから見られる文様で、日本では平安時代の仏像の衣に切金(截金)(きりかね)で表されているのが古く、室町時代の繡仏や幡(ばん)の地縫いにも見られます。
近世になって、大麻の葉に似ているところから「麻の葉」と呼ばれるようになり、庶民的な文様として親しまれました。

出典:「麻の葉模様(あさのはもよう)」『コトバンク』。『百科事典マイペディア』の解説、『世界大百科事典 第2版』の解説、URL:https://kotobank.jp/

 

◆甲斐絹ミュージアム(山梨県産業技術センター 富士技術支援センター 企画・制作)

このデザインソースに関連する場所

山梨県富士吉田市下吉田6-16-2

Pattern
Archives

文様

染型紙や甲斐絹の柄、縄文土器の表面に施された文様などを下敷きとし、ベクターデータに描き直しています。文様はシームレスパターン化されていますので、継ぎ目を気にせず、上下・左右方向に無限にリピートすることができます。