ABOUT

「YAMANASHI DESIGN ARCHIVES」は、山梨県に伝わる過去の優れた物品の造形や模様、自然から得られる色彩、今に伝わる昔話・伝説を、 産業上で使用することのできるデザインソースとしてデジタル化して配信する山梨県のプロジェクトです。

ABOUT

「YAMANASHI DESIGN ARCHIVES」は、山梨県に伝わる過去の優れた物品の造形や模様、自然から得られる色彩、今に伝わる昔話・伝説を、 産業上で使用することのできるデザインソースとしてデジタル化して配信する山梨県のプロジェクトです。

ARCHIVES

ARCHIVES

VIEW RANKING

RANKING

GUIDE

文様

Pattern

#0279

矢羽根(やばね)に丸 散らし文様[黒背景]

ソース場所:甲州市教育委員会(甲州市勝沼町勝沼 早川家)


●取得日: 2011年8月25日
●データ公開: 2016年7月28日
●提供データ: Adobe Illustrator(ai)、JPEG
●データ利用: なし
●管理番号: 文様NO.028[管理番号126]-パターン③背景黒-C
●その他: ・デザインソースの利用に際しては、山梨県産業技術センター 甲府技術支援センターの承認が必要になります。
       ※甲州市教育委員会の承認が必要になる場合があります。
      ・このソースは下の染型紙(原版)をベースとして新たに描き起こされています。

[概 要]

矢羽根(やばね)と丸形を、大小異なる大きさで散らすように配置した文様です。

[矢羽根(やばね)文様とは]

矢羽根(やばね)文様は、御殿女中のユニフォームのように使われていましたが、同じモチーフが変化して素晴らしい江戸小紋柄として用いられるようになりました。
グレードが低い文様というイメージが払拭され、独立した人間が身に付けて良さを発揮できる柄となりました。
道具としては、彫り職人のつくった独自のY字形の突鑿(つきのみ)が使われていました。

出典:「日本の伝統文様事典 〈講談社ことばの新書〉」(著者…片野孝志、発行…株式会社 講談社)

このデザインソースに関連する場所

山梨県甲州市塩山上於曽1085-1

Pattern
Archives

文様

染型紙や甲斐絹の柄、縄文土器の表面に施された文様などを下敷きとし、ベクターデータに描き直しています。文様はシームレスパターン化されていますので、継ぎ目を気にせず、上下・左右方向に無限にリピートすることができます。