ABOUT

「YAMANASHI DESIGN ARCHIVES」は、山梨県に伝わる過去の優れた物品の造形や模様、自然から得られる色彩、今に伝わる昔話・伝説を、 産業上で使用することのできるデザインソースとしてデジタル化して配信する山梨県のプロジェクトです。

ABOUT

「YAMANASHI DESIGN ARCHIVES」は、山梨県に伝わる過去の優れた物品の造形や模様、自然から得られる色彩、今に伝わる昔話・伝説を、 産業上で使用することのできるデザインソースとしてデジタル化して配信する山梨県のプロジェクトです。

ARCHIVES

ARCHIVES

VIEW RANKING

RANKING

GUIDE

色彩

Color

#0726

Soil Color Collection(天目山 栖雲寺)

ソース場所:甲州市(栖雲寺)


●取得日: 2012年
●データ公開: 2013年4月26日
●提供データ: Lab(SCI、SCE)、JPEG
●データ利用: なし
●管理番号: Soil Color No.70
●その他: デザインソースの利用に際しては、山梨県工業技術センターの承認が必要になります。

[参考(栖雲寺)]

棲雲寺(せいうんじ・栖雲寺)は、山梨県甲州市大和町木賊にある寺院。臨済宗建長寺派寺院で、山号は天目山、本尊は釈迦如来。創建時には護国禅寺と称した。
南北朝時代の貞和4年/正平3年(1348年)、業海本浄が当時木賊山と呼ばれていたこの山を訪れた。彼は文保2年(1318年)に仲間5人と元に渡り、天目山において中峰明本(普応国師)から直に教えを受け、印可を授かって嘉暦元年(1326年)に帰国した。その後、師の教えを実践させるのに相応しい場所を求めて20年以上にわたって諸国を旅して自分の修業の場に相応しい地を求めていたが、木賊山が天目山を髣髴とさせる景勝地であるとしてこの地に天目山護国禅寺を創建した。
業海は当時一世を風靡した夢窓疎石の一派を強く批判して岩窟に普応国師像を安置して樹下で座禅を組み、地元の住民とはほとんど交わらずに牛に使いさせた(『本朝高僧伝』)という伝説を残している。業海は4年後に没するが、その後は甲斐守護・武田氏の庇護を受けて栄え、木賊山もいつしか「天目山」と呼ばれるようになり、兵庫県丹波市にある瑞巌山高源寺(開基の遠谿祖雄(遠渓祖雄)は業海本浄とともに元に渡った1人)とともに「東天目」「西天目」と併称された。応永24年(1417年)、上杉禅秀の乱に加担したとして室町幕府の討伐を受けた甲斐守護武田信満がこの山中で自害した。信満の遺骸はこの寺に運ばれて葬られたとされ、棲雲寺には信満の宝篋印塔やともに自害した家臣達の五輪塔が存在している。武田信玄も軍旗・軍配・陣中鏡を同寺に奉納したと伝えられている。

 

出典:「栖雲寺」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2016年8月31日 (水) 09:47(UTC)、URL: http://ja.wikipedia.org

このデザインソースに関連する場所

甲州市大和町木賊122

Color
Archives

色彩

山梨県内各地の土を採取し、落ち葉や植物の根などを取り除き、乾燥させたうえで粒度を整えてカラーサンプル化しています。自然が長い時間をかけて生み出したこれらのアースカラーはLab値で提供されます。