ABOUT

「YAMANASHI DESIGN ARCHIVES」は、山梨県に伝わる過去の優れた物品の造形や模様、自然から得られる色彩、今に伝わる昔話・伝説を、 産業上で使用することのできるデザインソースとしてデジタル化して配信する山梨県のプロジェクトです。

ABOUT

「YAMANASHI DESIGN ARCHIVES」は、山梨県に伝わる過去の優れた物品の造形や模様、自然から得られる色彩、今に伝わる昔話・伝説を、 産業上で使用することのできるデザインソースとしてデジタル化して配信する山梨県のプロジェクトです。

ARCHIVES

ARCHIVES

VIEW RANKING

RANKING

GUIDE

形状

Shape

#0028

ハソウ(須恵器)

ソース場所:山梨県立考古博物館


●取得日: 2014年12月22日
●データ公開: 2016年7月28日
●提供データ: stl、3ds、obj
●データ利用: なし
●その他: 当該物品の3次元データ及び画像データの利用に際しては山梨県考古博物館の承認が必要になります。

[概 要]

笛吹市二之宮・姥塚遺跡出土の須恵器ハソウ。須恵器は、古墳時代の中ごろ、5世紀初頭に大陸から伝わり、ろくろを用いて、登窯と呼ばれる半地下式の窯を用いて高温で焼成する焼物である。ハソウは、胴部に孔が空いており、そこに竹など管をさして注ぎ口とする水差しである。

 

このデザインソースに関連する場所

山梨県甲府市下曽根町923

Shape
Archives

形状

縄文土器や生活用具などを高精細な3次元スキャナによってスキャンした3Dデータを収録しています。各ソースのページでは、マウス等の操作により3次元モデルを自由に回転・拡大縮小させてご覧いただけます。3次元モデルの表示画面をダブルクリックすることで、フルスクリーンでご覧いただくことが出来ます。