ABOUT

「YAMANASHI DESIGN ARCHIVES」は、山梨県に伝わる過去の優れた物品の造形や模様、自然から得られる色彩、今に伝わる昔話・伝説を、 産業上で使用することのできるデザインソースとしてデジタル化して配信する山梨県のプロジェクトです。

ABOUT

「YAMANASHI DESIGN ARCHIVES」は、山梨県に伝わる過去の優れた物品の造形や模様、自然から得られる色彩、今に伝わる昔話・伝説を、 産業上で使用することのできるデザインソースとしてデジタル化して配信する山梨県のプロジェクトです。

ARCHIVES

ARCHIVES

VIEW RANKING

RANKING

GUIDE

物語

Old Tale

#1109

読経地蔵(大泉寺)

ソース場所:甲府市古府中町5015 大泉寺


●ソース元 :・ 甲府市HP「おはなし小槌」 より https://www.city.kofu.yamanashi.jp/senior/ohanashi/index.html
●画像撮影  : 2015年11月10日
●データ公開 : 2016年06月24日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

[概 要] 昔、大泉寺境内のお地蔵さんが、「夜になると唇を動かし読経する」という噂がたった。この噂に多くの人々が集まったが、名僧で知られる百尾和尚は、「石地蔵を拝むのは良いが、まちがった信仰はいけない。読経に聞こえたのは虫の音かもしれない。」と謎を解き、百尾和尚への信頼はますます深まった。そして、お地蔵さんは読経地蔵と呼ばれるようになったと云う。

読経地蔵
(相川地区民よりの話)
夏の暑い夜、村人が大泉寺の近くを通りかかると、お経を唱えている声が聞こえた。
こんな夜更けに誰がしているのか興味がわき、境内を覗いてみたが、誰もいない。声の聞こえる方へ歩いていくと、寺の奥の卵塔の側にある石地蔵が唇を動かしてお経を唱えていた。村人は、恐くなり急いで家に逃げ帰った。
この噂は、村中に広まり、その地蔵を一目見ようと多くの人々が集まってくるようになった。
名僧の百尾和尚は、集まった人々に
「石地蔵を拝むのは良いが、まちがった信仰はいけない。石の地蔵が唇を動かしたり、声を出すはすがない。読経に聞こえたのは虫の音かもしれない。地蔵を本堂の前に置いてみなさい」
と参詣に訪れた人々を諭した。
本堂の前に置かれた石地蔵は、「うん」とも「すん」とも言わない。村人達は、不思議に思い地蔵が前にあった周辺をさがしてみた。
すると、石地蔵の裏にある木に穴があり、蜂が巣を作っているのが見付かった。蜂が巣の中に冷気を送るため羽根を鳴らせていた。その羽根の音が、風に乗って読経の声に聞こえたのだった。
それ以来、石の地蔵は読経地蔵と言われるようになり、百尾和尚への信頼はますます深まったということです。

甲府市HP「おはなし小槌」 より
https://www.city.kofu.yamanashi.jp/senior/ohanashi/index.html

このデザインソースに関連する場所

甲府市古府中町5015 大泉寺

Old Tale
Archives

物語

山梨各地に伝わる昔話や伝説、言い伝えを収録しています。昔話等の舞台となった地域や場所、物品が特定できたものは取材によって現在の状態を撮影し、その画像も紹介しています。