1511│吉田の火祭り(富士吉田市)

Top > Old Tale > 1511│吉田の火祭り(富士吉田市)

ソース場所:富士吉田市

●ソース元 :・ 北口本宮 富士浅間神社hp
       ・ (一財)ふじよしだ観光振興サービスhp などを参考に書かせていただきました。
●画像撮影  : 201年月日
●データ公開 : 2018年06月18日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

「概要」

吉田の火祭り
毎年8月26日、27日に行われる「鎮火大祭」は、「吉田の火祭り」と呼ばれ、北口本宮冨士浅間神社と諏訪神社の両社の秋祭りで、現在は「鎮火祭」というのが神社での呼び方です。この火祭りは日本三奇祭と呼ばれ、国指定重要無形民俗文化財に指定されている。
「富士山のお山じまい」の祭りとして、金鳥居のある表通り(御師町)を中心に約80本の大松明が奉納され、裏通りの個人宅や(市外であっても)「富士みち」沿いの一般商家の前では、井げたに組んだ松明がともされ、また富士登山道の各山小屋のかがり火等いっせいに点火するので、町から富士山まで御神火が燃え盛り、すこぶる壮観である。

北口本宮 富士浅間神社hp、(一財)ふじよしだ観光振興サービスhpなどより参考にさせていただきました。

このデザインソースに関連する場所


富士吉田市 金鳥居
ページトップ