ABOUT

「YAMANASHI DESIGN ARCHIVES」は、山梨県に伝わる過去の優れた物品の造形や模様、自然から得られる色彩、今に伝わる昔話・伝説を、 産業上で使用することのできるデザインソースとしてデジタル化して配信する山梨県のプロジェクトです。

ABOUT

「YAMANASHI DESIGN ARCHIVES」は、山梨県に伝わる過去の優れた物品の造形や模様、自然から得られる色彩、今に伝わる昔話・伝説を、 産業上で使用することのできるデザインソースとしてデジタル化して配信する山梨県のプロジェクトです。

ARCHIVES

ARCHIVES

VIEW RANKING

RANKING

GUIDE

物語

Old Tale

#1144

駒飼宿の馬蹄石

ソース場所:甲州市大和町日影 県道212号線天狗橋脇


●ソース元 :・ 甲州市による宿場案内看板     
       ・ 土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会           
●画像撮影  : 2017年03月11日
●データ公開 : 2016年11月18日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

[概要] 聖徳太子伝説のある馬蹄の跡が残る大石。駒飼宿の地名はこの石に由来したという。残念ながら今では見ることが出来ない。

馬蹄石

笹子峠の西麓にあった駒飼宿は、江戸時代には幕府の公用を確立する役目を果たし、旅行者の休泊のため、本陣・脇本陣・旅籠などが設けられた甲州街道の要所として知られていました。
笹子への道の往還を、人が休み、その名の通り馬が餌と水を与えられたこの宿場は、今も家が建ち並び、往事の雰囲気を残しています。   (甲州市による宿場案内看板より)
宿場の中心に立てられた往時の宿場案内図によると、駒飼石(馬蹄石)は笹子峠を下りてきて駒飼宿の入口附近、今の県道212号線天狗橋脇にあった。水害の後、砕き割られたといい見ることが出来ない。駒飼宿の地名もこの石の名に由来するという。今はその場所に「津島大明神」の祠が祀られている。
この石には聖徳太子伝説がある。古来より優秀な馬の産地として知られる甲州は、各地に朝廷の牧場があった。太子がこのあたりで甲斐の黒駒を飼養されたと云われ、駒飼石(馬蹄石)の表面には空さえ飛び、富士山にも登ったという伝説がつたわる神馬「聖徳太子の黒駒」の馬蹄の跡が二つ残されていたという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
馬蹄石    東山梨郡大和村駒飼

駒飼石ともいう。高さ七尺五寸、横五間に三間の大石で、石面に馬蹄の跡二十一あり、古傳に、上宮太子が甲斐の黒駒を飼養し給うた所で、村名もここから起こったという。この石のために笹子川の水が沮まれ、水害で民家が多く損じたから、今は砕き割って僅かに一部分が残っているだけである。  (東山梨郡誌)
土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会

このデザインソースに関連する場所

35.634249, 138.768740

Old Tale
Archives

物語

山梨各地に伝わる昔話や伝説、言い伝えを収録しています。昔話等の舞台となった地域や場所、物品が特定できたものは取材によって現在の状態を撮影し、その画像も紹介しています。