1548│洗濯池

Top > Old Tale > 1548│洗濯池

ソース場所:白根館  早川町奈良田344

●ソース元 :・ 「早川のいいつたえ」第二集 著者:三井啓心  出版社:㈱上田印刷 
●画像撮影  : 年月日
●データ公開 : 2020年08月21日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

 

奈良田のいいつたえ
『洗濯池』

大昔のえらい人というのは、神通力をもっていたり、神様への頼み方がじょうずな人が多く、よく願いを聞いてもらうことができました。
奈良田においでになった、孝謙天皇様もそのおひとりで、神様に洗濯池をつくってもらいました。
天皇のお召物を洗ってから、あとは自由に使うがよい。と村人に払い下げてくれました。
せいぜい畳四枚ぐらいの広さの池でしたが、不思議なことに、年間を通して温度が三十度ぐらいはあり、冬には湯気をあげていました。
汚れたタホ[藤の繊維などでつくった野良着]も、この池で洗えば、わけなく汚れがおちるということで、焼畑仕事で疲れ切った女たちが、家中の洗濯物をかかえてきては、じゃぶじゃぶやりました。
昔の野良仕事や、山仕事をした女たちの手は、お世辞にもやさしい手とはいえず、悪くいえば、掘り出したばかりの根しょうがのようなみじめな手でした。
ところが、いつもこの池ですすぎものができる奈良田の女たちは、はげしい仕事をするわりには、手がきれいで、おまけに肌もきれいでした。
さすが女帝様だけに、同性を大事になさったものとみえます。
さてこの池、今は奈良田湖に沈んでしまいましたが、その池の下めがけて、パイプを打ち込んで、湯を上げたのが、この頃、オープンした白根館で、さして深くもないのに、現在、湯の口から約四十一度の熱湯があふれています。
洗濯池のお湯だけに、じっくりつかると、体とついでに、心もきれいになるとは、白根館の若主人のお話でしたが、そういえば、前をぞろぞろ通った湯上りの御婦人たちが、気のせいか美人に見えました。

このデザインソースに関連する場所


白根館  早川町奈良田344
ページトップ