0549│金ガ岳の新左衛門

Top > Old Tale > 0549│金ガ岳の新左衛門

ソース場所:北杜市須玉町江草 金が岳

●ソース元 :・ 土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会
       ・ 甲斐志料刊行会 編(昭和7-10年)『甲斐志料集成 3』p246「裏見寒話 追加 怪談」 より
●画像撮影  : 201年月日
●データ公開 : 2018年03月12日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

 

[概要]

金ヶ嶽の新左衛門  江戸時代の甲府勤番士 野田市左衛門成方(ノダ イチザエモン シゲカタ)の「裏見寒話」に記されたお話。金が岳に棲む新左衛門という超人は、空を飛び、風雨雷を起こし、天狗と交流し、怒った時は鬼のような姿になり、人々に恐れられていた。しかし、機嫌の良いときは人の姿になり、温泉で他の浴客らと談笑して寛いだ姿を見せ、只々異形のままの超人より格段に能力があると笑ったりした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

金ガ岳の新左衛門    北巨摩郡江草
金ガ岳の深山に、新左衛門という異形の者が棲み、飛行自在で風雨雷電を起こし天狗と交わり魔術に通じ、怒る時は鬼形に変じ、和する時は人体と化して人と交わる。常に「荏草[えぐさ]の孫左衛門などは、術が至らず、まだ自然の変化をなし得ぬ」と嘲っていた。この新左衛門が或年 信州諏訪温泉に入浴し、他の浴客と語っていると、忽然として焔の玉が飛んで来て浴室の軒に止った。浴客一同驚くと新左衛門は笑って、これは白猿というものだ。猿が五百年を経て猩猩となり、千年を経て白猿となる。天狗と等しく猛悪で、稍もすれば吾と魔威を争うて、この様な怪異をするが、何ら恐るるに足らぬと、平気で談笑していたが、果たして何事も起こらなかったという。 (裏見寒話)

土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会 より

このデザインソースに関連する場所


北杜市須玉町 金ガ岳
ページトップ