ABOUT

「YAMANASHI DESIGN ARCHIVES」は、山梨県に伝わる過去の優れた物品の造形や模様、自然から得られる色彩、今に伝わる昔話・伝説を、 産業上で使用することのできるデザインソースとしてデジタル化して配信する山梨県のプロジェクトです。

ABOUT

「YAMANASHI DESIGN ARCHIVES」は、山梨県に伝わる過去の優れた物品の造形や模様、自然から得られる色彩、今に伝わる昔話・伝説を、 産業上で使用することのできるデザインソースとしてデジタル化して配信する山梨県のプロジェクトです。

ARCHIVES

ARCHIVES

VIEW RANKING

RANKING

GUIDE

物語

Old Tale

#1552

十万部の法華経

ソース場所:十萬部寺 早川町小縄137


●ソース元 :・ 「早川のいいつたえ」第二集  著者:三井啓心  出版社:㈱上田印刷 
●画像撮影  : 年月日
●データ公開 : 2020年08月21日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

赤沢のいいつたえ
『十万部の法華経』

早川町で、この頃、有名になってきたところに「信仰とやすらぎの里、赤沢宿」があります。
赤沢宿は、昔、七面山まいりの信者が泊ったその名残があり、また地元保存会の努力で、石畳の道が復活しました。
ここから、車で十五分(*現在車で行くことは出来ない)ほど登ったところに、十万部寺[ジュウマンブジ]があります。
日蓮上人には、直弟子の日照[ニッショウ]、日朗[ニチロウ]、日興[ニッコウ]、日向[ニコウ]、日頂[ニッチョウ]、日持[ニチジ]の六老僧がいましたが、二人目の日朗上人が、この寺の開山です。
この上人、法華経に帰依する心は並みの僧と違い、「よし、法華経十万部を唱えよう」と決心しました。
ひと口に拾万部というけれども、唱えることになれば大変なことで、発願の三十三才からなんと五十年間、八十三才まで唱えとおして、後住[コウジュウ]にゆずり、示寂[ジジャク]しました。
その尊い志をうけた二代の上人、三代、四代と法華経は唱え続けられ、四代の日久[ニッキュウ]上人がやっと唱えおわりました。
満願成就の日、さっそく身延山久遠寺十五代住職、日叙[ニチジョ]上人にその旨報告したところ、おほめの言葉と共に、寺名を十万部寺とするようにいわれたといいます。
このお寺、もとは身延山よりにあって、妙法二神堂[ミョウホウニシンドウ]とかいわれていて、その後、現在のところに、建てかえられています。
赤沢からのハイキングコースには適当で、足に自信のない人でも二時間ぐらいで、のぼれます。有名な武田信玄の身延ぜめには、このお寺の天狗等眷属がお山の大事と、杉の木立を兵士にかえて、信玄の軍勢をおどかしたので、さしもの信玄も、飯富から引き返したといういいつたえがあります。
そんなわけでこのお寺には、天狗に関係のある道具や、願いのかなった人の奉納する、大きな下駄や、わらじが、門のところにぶらさがっています。

このデザインソースに関連する場所

十萬部寺 早川町小縄137

Old Tale
Archives

物語

山梨各地に伝わる昔話や伝説、言い伝えを収録しています。昔話等の舞台となった地域や場所、物品が特定できたものは取材によって現在の状態を撮影し、その画像も紹介しています。