1549│しばり地蔵さん

Top > Old Tale > 1549│しばり地蔵さん

ソース場所:常昌院   早川町京ヶ島711

●ソース元 :・ 「早川のいいつたえ」第三集  著者:三井啓心  出版社:㈱上田印刷 
●画像撮影  : 年月日
●データ公開 : 2020年08月21日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

 

京ヶ島のいいつたえ
『しばり地蔵さん』

しばるということは、動かないようにするとか、悪いことをした時と、相場はきまっています。
ところが、もったいなくも、京ヶ島の常昌院におまつりする御地蔵さんは、縄でぐるぐる巻きにされています。こんな罰当たりのことをして。とだいたいの人は思いますが、それにはわけがあります。
江戸時代に、庚申さま信仰がさかんになって、多くのお寺や、道端に、庚申像や、庚申塚が立てられました。中国の教え、道教からでたものだそうですが、えとの庚申にあたる日には、身をつつしむ。というところからきています。
御本体もまちまちで、青面金剛菩薩の御姿が一般的ですが、なかには、不動明王や、帝釈天もあり、「申[サル]」ということから、猿に似た像もあります。いずれも、現世御利益を謳い文句の信仰で、当時の時世にもあったのでしょう。
田舎では、この像に縄をかけて庚申さまを困らせ、願いがかなえば、縄を解くというやりかたが多かったようですが、このお寺には、そばに御地蔵さまがまつられていました。
この地方には、御影石のような硬い石は無く、像をつくるのには、播磨沢石という、細工しやすい、石を使いましたから、百年もたてば、風化してしまって、顔形など、じきに、わからなくなってしまいます。そんなことから、御地蔵さまも、庚申さまも、ずっと同じあつかいを受けてきました。
でも、そこは、大慈悲で、
衆生にやさしい御地蔵さま、同じようにしばられても、不平も言わず、いろいろな、願いをかなえてくれました。
過疎の村おこしに、一役かってもらおうと、村人の奉仕で、まつり直されたのは、昭和五十九年と新しいですが、なにしろ、ききめがあらたかだということで、年を追う毎におまいりが増え、このごろは、御地蔵さまも、願いが聞き切れないぐらいです。
「仏様に、縄をかけてお願いするくらい、真剣な人は、かなう率が高いさ」とは、住職のお言葉ですが、

「えらんとうも[あなたがたも]、ごむしん[おねがい]して みろやれ[ごらんよ]」

このデザインソースに関連する場所


常昌院   早川町京ヶ島711
ページトップ