1154│原山神社

Top > Old Tale > 1154│原山神社

ソース場所:韮崎市清哲町青木1236 原山神社

●ソース元 :・ 土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会      
●画像撮影  : 2014年09月14日
●データ公開 : 2017年01月05日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

[概要]

原山神社    北巨摩郡清哲村青木

中巨摩郡釜無川西筋の原七郷では、旱天の際代参人を信州諏訪郡金沢村神戸[ゴウド]の御射山[ミサヤマ]神社(原山神社ともいう)に雨乞いにやり、この神霊を勧請しようとして、社殿の新築にとりかかった。代参人は御射山社に至り、分霊の金の御幣を頂き、帰路青木まで来ると大雨が降り、今の原山の森にかけこんだ。当時青木村の人達も旱害に苦しんでいたので、この雨を喜び御神輿をねり廻した(これが旧の七月二十七日で、もとの祭日である)。やがて雨も止み、原七郷の代参人たちは出立して村に帰り、新宮地について神霊を移そうとすると、御神体が失せている。実は御神体は青木の森の中に落ちていたので、草刈人が拾いあげ、青木村では原山様の御降臨と喜んで、早速新宮を建てて勧請した。そこへ原七郷の人々がご神体を尋ねてきたが、既に神社建立の後なので、詮方なく引き返し、年々この原山社に代参することにした。その後、毎年の原山神社祭典には必ず雨が降り、参拝する者はいつも雨具を用意したという。    (口碑伝説集)

土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会

このデザインソースに関連する場所


韮崎市清哲町青木1236 原山神社
ページトップ